Links

 
今野滋氏による「高校生と文系のための相対性理論」  

(「高校生と文系のための相対性理論」の序より)
 本稿は高校生と、文系の大学生を読者に想定しています。 もともとは、大学への受験参考書を作る意図だったのですが、 だんだん当初の目標とは違うものになってきています。 結局、本稿は、相対性理論について書かれたものだと思っていただけましたら幸いです。 世間には一般の人向けの相対性理論に関する通俗書が昔からたくさんあります。 しかしながら、自分が高校生であった頃を振り返ると、わかりやすくて、しかも、 内容をきちんと押さえてある本になかなか巡り会えなかった記憶があります。 しかも、「時間と空間」の不思議さだけに焦点を置いて、科学としての位置づけに、ちゃんと触れていない本が、とても多いです。 いろいろ読んでみたものの、どれもしっくりこないものがあり、 結局、一番わかりやすかったのは、アインシュタインによる原論文の日本語訳でした。 ただし、もう少し程度を上げようとしたら、とたんに難しくなってしまいます。 高校生にとっては、学校の勉強がメインなのであって、 そこまで、のめり込んでしまうわけにも、いきません。 科学の派手な(?)分野も中身をきちんと理解できて、しかもその上、 学校での理科と数学の成績向上にもつながるような、 そんな相対性理論の本があっても良いのではないかと考えました。
 「アインシュタインの相対性理論は物理学の世界に=革命=をもたらした」と、よく云われていますが、それはとんでもない誤解です。当時の電磁気学の法則を、力学の法則と適合するように、最後に完成させたのがアインシュタインの相対性理論です。そういう意味では、高校物理の熱力学以外のほとんど全ての分野を網羅することになり、相対論は高校物理の参考書としては誠に都合の良いテーマなのかもしれません。
 今のところ、本稿は、高校の物理をある程度学んだ人にしか、 理解できない様な部分もあります。 どうやって、日常の体験や学習と結びつけていくかが、今後の、大きな課題となっております。 とりあえずは、一通りストーリーを完成させるために、相対性理論そのものに焦点を当てて、作成し、だんだんと改良を加えていく予定です。 尚、理科系の大学生も飽きないように、適宜「参照」を付けました。 意欲的な人には、通俗書や、教科書の他に、原論文にも触れてみることをお奨めいたします。
 最終的には、ワープドライブや反重力や高次元といった、SFに使われそうな内容を、現在の現実の科学で見つめると、どのように理解されるものかを、追ってみます。さらに、私の研究分野の人々の取り組みも取り入れる予定です。
 これを読まれた高校生の方と、文系の方は、ぜひ、感想を寄せて下さい。教育関係者と理系の方には、ぜひ、ご意見をお願いいたします。特に手際良く正しく理解できるようになっているかどうかが関心事です。

 

TACラボ

 

(「TACラボ」のトップページより)
 わたくし、タクと申します。 当HPでは、高校生のためのアインシュタインの 相対性理論を紹介していきます。 非専門の大学生、一般の方にも最適です。物理学、数学はむずかしいものですが、 特殊相対性理論の初歩はそれほど難しくはありません。将来的に、高校と大学の境界領域の物理学や数学などの解説HPとして、育てていきたいです。(2002-09-22)  

 

 EMANさんによる物理学全般にわたる専門サイト。だからといって、内容は、堅苦しくないし、平易な文章で書かれている。分かりやすさを、まず第一に追求したこのサイトによって、物理学の初心者・素人は、多くのことを学習することになるであろう。「相対性理論」のみならず物理学全般について、分からないことがあれば、このサイトをのぞいてみることを、おすすめする。物理学についての理解が深まることは間違いないし、頭を悩ませていたことが解決するかもしれない。是非、ご訪問されたし。(2003-10-13)

 

高校生のための微分幾何

 FU猿さんによる『高校生のための微分幾何』のサイト。相対論を学ぶ者にとっては高等数学は大きな壁。例えば、相対論を学ぶ者が、初等数学で理解可能な領域までは理解できるが、テンソルという量に出くわすとお手上げということは、よくあるのではないだろうか。なぜなら、テンソルは、ベクトルと違って、直感的に、なかなかイメージしにくいからだ。本サイトは、テンソルをはじめ微分幾何をわかりやすく学習するための最適のサイトである。(2004-03-26)

[前ページへ][ホームへ][次ページへ]