●ミレーバの悩み、ベルリンへ

 ミレーバとアインシュタイン

 アインシュタインの回想「私は予測不能の人間関係から身を引き、孤立を守るすべを学びました。人生は、油断すれば、しがらみばかりが増えていきます。とくに、結婚などは……」
 アインシュタインは、ひたすら一般相対性理論の研究に打ち込み、他のすべてのことを犠牲にした。妻ミレーバにも、ほとんど関心を向けなくなった。かつて愛し合っていた二人は、科学の研究を進めるパートナーになろうと約束していた。しかし、約束は果たされなかった。
 アインシュタインの回想「私は、人付き合いが苦手ですし、家庭を大切にする男でもありません。欲しいのは私自身の平和です。個人というのは無意味だと思うと安心できません。」
 1911年、アインシュタインは、プラハの大学の教授になった。大きな出世だった。しかし、一方、アパートにこもって、二人目の息子の世話におわれる妻ミレーバにとっては、プラハは流刑地のように感じられた。彼女は、自分だけ取り残されて、永遠に隅に追いやられてしまうと感じた。アインシュタインが、科学の研究をし、ミレーバが家事をすると役割分担が決まったとき、二人が何年もの間、保とうとしてきた見せかけの関係が完全にこわれたのであった。ミレーバは、自分の野望を果たすことが出来なかった。その野望とは、権力を手に入れるなどというようなことではなく、男性社会の中で新しいタイプの女性になることであった。それが、完全についえ去った。最近発見されたミレーバの手紙には、次のように書かれている。
 「彼が成功を手にしたことを、私は大変、うれしく思います。私の望みは、この成功が彼の人間的側面に有害な影響を与えないで欲しいということだけです。」
 ミレーバは、次のようにも書き残している。
 「彼には、自分の妻のために割く時間は残っていないというわけです。私という人間は感じやすいので、それで苦しんでいるのではないかとも考えます。私は愛情に飢えており、すべてはあの忌まわしい科学がいけないのだと信じ込む寸前にまで来ています。」
 1911年、第一線の科学者が集まる第1回ソルベイ会議が、ブリュッセルで開かれた。アインシュタインは出席者の中で最年少だった。しかし、妻ミレーバにとって、夫の栄光は遠い世界の出来事だった。
 アインシュタインに宛てたミレーバの手紙。「きっと素晴らしい会議だったはずです。私も参加できたら、どんなに良かったでしょう。あなたとは、しばらく会っていませんが、まだ、私の顔をおぼえていますか。」
 アインシュタインは、もう知的なパートナーを求めてはいなかった。妻ミレーバの孤独は、深まる一方だった。

ソルベイ会議

 アインシュタインは、ドイツを訪問する旅の途中、いとこのエルザに会う。エルザは、アインシュタインと同じような町、同じような環境で育った人だった。そして、アインシュタインは、エルザとなら、負担も、いさかいもない家庭生活を送れるのではないかと考えた。人生の単純な営みにまつわる、ある種の喜び、たとえば、食べたり飲んだりすることの楽しさ、アインシュタインは、そうしたものを、エルザと分かち合いたいと望んだ。
 アインシュタインの手紙「親愛なるエルザ。手紙をどうもありがとう。素人にも分かる相対性理論の本というのはありません。でも、君には僕という、いとこがいます。もし、チューリッヒに来ることがあったら、妻ぬきで・・・なにしろ、彼女はとても嫉妬深いものですから・・・二人だけで散歩を楽しみましょう。」
 「親愛なるエルザ。僕たちは、ともに哀れな人間です。容赦ない義務に縛られています。しかし、もう一度言います。君を愛しています。君の横を歩けるだけで、幸せになれます。僕が苦しんでいるのは、見ることしか許されない人を、愛したからです。」
 当面は、それ以上、進展しなかった。

エルザ

 1913年、アインシュタインは、重力に関する新しい理論の基礎を発表した。それに感銘を受けたのが、ドイツの代表的な物理学者マックス・プランクだった。彼は、アインシュタインを、ベルリン大学の教授に迎えようと、みずからチューリッヒに出向いた。
 アインシュタインの回想「プランクにとって私は、ご褒美の雌鳥みたいなものでした。しかし、もう一つタマゴを生めるかどうか・・・少し考えたいので、翌日、駅で会うことにしました。お断りするなら、襟に白い花をさしていくと、彼に言いました。しかし、赤い花だったら、それは、ベルリン行きを承知するという意味です。」
 そして、アインシュタインは、赤い花を選んだ。
 アインシュタインの経歴は、頂点に達しようとしていた。当時、ベルリン大学は、理論物理学の世界的中心だったのだ。しかし、妻ミレーバにとっては、夫の出世も無意味だった。重力の研究にのめり込むアインシュタインの家庭生活は破綻寸前だった。アインシュタインは、この頃、いとこのエルザと、また、連絡を取り始める。
 アインシュタインの手紙「1913年12月。親愛なるエルザ。離婚するには、相手方の落ち度を証明するものがなければ、容易ではありません。そこで、私は妻を、クビにできない雇い人のように扱っています。寝室は別で、彼女と二人きりになるのを避けています。君と慎ましい家庭をもてたら、どんなに素晴らしいでしょう。」
 1914年4月、一家はベルリンに移ったが、7月にはミレーバは、子どもを連れて、チューリッヒに戻ってしまった。

ミレーバとこどもたち

 アインシュタインの回想「息子たちとの別れは、やはり辛いことでした。長男ハンス・アルバートの養育権を主張しようかとも考えましたが、どうせ、無駄だったでしょう。ミレーバは、息子たちが、私を嫌いになるように仕向けていたのです。彼女は、一緒に暮らせるような女性ではなかった・・・とっても、嫉妬深かったし・・・なぜ、結婚したんでしょうか。」

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]