●第14章 相対性理論の発見法的価値(Der heuristische Wert der Relativitätstheorie)

 これまで述べてきた思考過程を縮めていえば、つぎのようになる。経験によれば、一方では相対性原理(狭義の)があてはまり、他方では、光の真空中の速度を定数に等しいとすることが確信されるにいたった。これら二つの公準(Postulat)を統一することによって、自然現象を構成する(das Naturgeschehen zusammensetzen)事象の直角座標x、y、zと時間tに対する変換法則が与えられた。しかも、与えられたのものはガリレイ変換ではなくて(古典力学とは異なる)ローレンツ変換なのである。
 この思考過程において、光の伝播(でんぱ)法則が、重要な役をつとめている。光の伝播(でんぱ)法則から派生する仮定は、事実に基づく知識からして正当であることがはっきりする。しかし、われわれは、ひとたびローレンツ変換を入手してからは、これを相対性原理と一つにし、つぎのように、その理論を要約できる。すなわち:
 すべての一般自然法則(Jedes allgemeine Naturgesetz)は、最初の座標系Kの空間-時間変数(Raum-Zeit Variable)x、y、z、tのかわりに、座標系K'の新しい空間-時間変数x'、y'、z'、t'を導入しても、まったく同じ形式の法則になるように構成されていなければならない。そのさい、ダッシュのついている量と、つかない量との数学的な関係は、ローレンツ変換によって与えられる。要するに、一般自然法則は、ローレンツ変換に関して共変(コバリアント:kovariant)である。
 相対性理論が自然法則に要請しているのは、この一定の数学的条件である。それによって、相対性理論は、一般自然法則の探究に価値ある発見法的補助手段となるのである。その条件に適合しない一般自然法則が見つかる場合には、少なくとも、この理論の二つの根本仮定(訳注:狭義の相対性原理と光速度不変の法則)のうち一つが論破されることになろう。さて、この理論が、これまでに、どんな一般的成果を示したかを、検討してみよう。(特殊および一般相対性理論について アルバート・アインシュタイン KM訳 1916年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]