●量子力学(量子力学がもたらしたこと)

 量子力学は「人間が見ること」すなわち「観測」に、これまでの科学の常識を越えた意味づけを行った。それでもなお、量子力学の基礎に疑問を持つ人々は、量子力学を合理的に解釈し直す世界像を提出しようとしている。
 オクスフォード大学のデヴィッド・ドイッチは、観測による状態の急激な変化を否定し「多重宇宙理論」をとなえている。

 ドイッチ曰く「シュレディンガーの猫は、生きているか、死んでいるかのどちらかでしかありません。なぜ、人間は、量子力学のいうような半死半生の猫を見ないのでしょうか。それは、人間が二つに分かれ、それぞれの宇宙で、生きている猫と死んでいる猫を見ているからなのです。」
 ドイッチの理論では、観測の度ごとに、次々に宇宙が枝分かれしていく。そして、一つの宇宙にいる人間は、他の宇宙にいる人間を知ることができず、それぞれが、唯一の自分だと考えているのである。量子力学の奇妙さを避けるため、さらに、常識を越えた理論が考えられていく。
 一方、観測に、さらに大きな意味づけを行おうとしている人々もいる。普通は、原因から結果へと因果関係は未来に向かう。しかし、人間が観測することによって、因果関係が過去にさかのぼると考えたのは、プリンストン大学のジョン・ホイーラーである。彼の理論では、現在の観測者が、過去のあり方を作り出すのである。

 ホイーラー曰く「観測する者は、観測するという行為によって、過去について語る権利を得るのです。何十億年も前の宇宙を、現在の人間が観測することで、宇宙の過去を語る権利を持つのです。われわれは、現実とは何かの決定権を持ち、そしてまた、宇宙の過去の実在に対する参加者なのです。」
 ヨーロッパ原子核共同研究所のジョン・ベルは、量子力学が宇宙観の根本的な変更を迫っていると考えます。

 ベル曰く「量子力学は、私たちの宇宙観を変えたと思います。ほとんどの物理学者は、この変化が、いかに徹底的であるかを理解していないと思います。その根本的な変化とは、この世界の二つの物体を完全に分けることはできないし、現象を、過去の因果からのみ説明することもできないということです。物体は全体として扱わなければなりません。」
 ロンドン大学のデヴィッド・ボームは、目に見える現象の底に、さらに奥深い秩序が隠され、その支配によって、世界が成立していると考えている。

 ボーム曰く「ボーアは、自然の全体性を主張し、アインシュタインは、観測者を必要としていない客観的な現実を主張しました。私は、両方の主張を取り入れるべきだと思います。もちろん、そのためには、何かが犠牲になります。最後に犠牲になるのは、多分、相対性理論だと思います。」 (アインシュタイン・ロマン NHKエンタープライズ 1991年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]