●量子力学(タゴールとの対話)  

 1977年7月、月面に降り立った宇宙飛行士は、一つの石を発見し、こう証言した。「その石は、月の上に、まるで宇宙が差し出したように置かれていた。」その石はジェネシス・ロック:創世記の石と呼ばれ46億年前、太陽系ができた頃の石であった。ジェネシス・ロックは、人間が見るまで、はたして存在していたといえるのだろうか。人間のいない宇宙は、どんな意味を持つのだろうか。

 自然の本質を人間はとらえることができるのか。アインシュタインは、彼のベルリン・カプートの別荘を訪れたインドの大詩人タゴールに、その自然観を語った。1930年、アインシュタインが、量子力学者たちとの激しい論争を繰り広げていたころのことである。それは、詩人と科学者の、東洋と西洋の深いふちを隔てた対決であった。

 タゴール:この世界は人間の世界です。世界についての科学理論も所詮は科学者の見方にすぎません。
 アインシュタイン:しかし、真理は人間とは無関係に存在するものではないでしょうか? たとえば、私が見ていなくても、月は確かにあるのです。
 タゴール:それはその通りです。しかし、月は、あなたの意識になくても、他の人間の意識にはあるのです。人間の意識の中にしか月が存在しないことは同じです。
 アインシュタイン:私は人間を越えた客観性が存在すると信じます。ピタゴラスの定理は、人間の存在とは関係なく存在する真実です。
 タゴール:しかし、科学は月も無数の原子がえがく現象であることを証明したではありませんか。あの天体に光と闇の神秘を見るのか、それとも、無数の原子を見るのか。もし、人間の意識が、月だと感じなくなれば、それは月ではなくなるのです。  

 アインシュタインは『物理学はいかに創られたか』を、以下のように締めくくった。
 「長い時間をかけて、読み解こうとした自然の謎物語。それは、完結することはないのです。重要な進歩は、いつも新しい問題を引き起こします。そして、古い見方と新しい見方との劇的な闘争の中に、私たちは、理解に対する永遠の憧れと世界の調和への信念を固めるのです。」

 ドイツの作家ミヒャエル・エンデ曰く「問題は、科学の利用の仕方ではなく、私たちが、今までとは異なった別の科学を必要としていることです。その思考、その研究全体が、はじめから人間の尊厳を考えている科学:人間を無視しない科学がそれです。科学者の認識が行われるところは、科学者自身の意識に他ならないことを忘れない科学です。ハイゼンベルクの言葉があります。『今日、われわれが原子の構造を見たとしよう。そこに、われわれは、何を見るであろうか。そこに見るのは、われわれの意識の構造そのものなのである。』」
 アインシュタインの言葉「私が、がんこな老いぼれだと見られていることは知っています。しかし、私はサイコロ遊びを信じません。誰かが、出発点からやり直した物理学を、百年後に、きっと作ってくれると思うのです。」 (アインシュタイン・ロマン NHKエンタープライズ 1991年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ]