●一般相対性理論(スーパースペース)

 アメリカ、タフツ大学のアレキサンダー・ヴィレンケン (下の写真)は、「アインシュタイン方程式」の抱える「特異点」の難問を、「無」を考えることで克服しようとしている。ヴィレンケンのいう「無」とは、物質やエネルギーはもちろん、時間や空間の枠組みさえない状態のことである。

 ヴィレンケン曰く「完全な無の状態ということを理解するために、時空の泡を思い浮かべて下さい。例え話をしましょう。空の高いところから、海の表面を見れば、非常になめらかに見えますね。ところが、近寄ってみると、波があって、複雑に泡立っている。時空もこれと同じなんです。私たちの住んでいる時空は、一見どこまでもなめらかで、均一であるように見えますが、しかし、ものすごく小さいスケールでは、時空の構造は複雑にゆらいだり、泡立ったりしているのです。無の状態では、時空は泡のような状態です。ただし、背景となる『海』を持たない泡です。時空の泡は、突然、無から生まれ、すぐにまた消えていきます。ほとんどの泡が消滅してしまう中で、ものすごくラッキーな泡だけが、非常に小さな確率で生き残ります。そして、ビッグバンを起こし膨張し始めるのです。このようにして、宇宙が生まれるのです。」

 ヴィレンケンの考えは、宇宙が無から生まれたという不可思議な様を呈している。確かに、特異点の難問を解く、一つの仮説には違いない。しかし、それにしてもおかしな話である。そもそも何にもないということは、「単純で完全な状態」のはずである。それが、なぜ、自分から時空や物質を、わざわざ、生み出さなくてはならないのか? その答えは、ヴィレンケンの理論には、以下のような暗黙の前提があるからである。それは、無の世界にも物理法則が、あらかじめ存在しているという仮定である。時間も空間もないのに、法則だけが存在しているということである。そのような状態を科学者は、「スーパースペース(超空間)」と呼んでいる。ヴィレンケンのいう無の世界とは、実はこの「スーパースペース」の一種なのである。しかし、その物理法則は、いかにして存在するのか? だいたい、時空がないところに本当に法則なんてあるのだろうか? そのようなことは、人間が作り出した妄想に過ぎないのではないのか?(アインシュタイン・ロマン NHKエンタープライズ 1991年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]