●一般相対性理論(究極の第一原因)

 キリスト教では、「神」こそ、すべてに先だって法則を作り、時空を創造した「究極の第一原因」なのだ。神に先立っては、何ものも存在しない。これが、最終的な「答え」なのだ。なるほど、ありがたいお話である。だが、その答えは、科学には証明できまい。
 イギリスのフレッド・ホイル(下の写真)は、近代科学が目的としてきた「究極の第一原因」という考えに反対である。

 ホイル曰く「『究極の第一原因』とか『創造主』とかいう考えを持ち込むやいなや、私たちは思考停止に陥ってしまします。なんでもかんでも、『創造主』のせいにしようとするのは、実は、これ以上さきへ、考えを進めるのがいやだという意志表示に過ぎません。」
 「ブラックホール」や「ワームホール」の名付け親として知られるアメリカのジョン・ホイーラー(下の写真)も、「創造主」や「第一原因」を求める思考を批判する。

 ホイーラー曰く「この宇宙を、ある法則に基づいて設計されたマシーンのようなものだと考えることは、馬鹿げています。なぜなら、マシーンを作り出した『スーパー・マシーン』が必要となってくるからです。そうなると、『スーパー・マシーン』を作り出した『スーパー・スーパー・マシーン』が必要となり---きりがありません。もし、そういうナンセンスな思考の堂々巡りがいやなら、宇宙は、何の原因も法則もなしに、ひとりでにできたと考えるしかありません。」
 この意見では、科学が思考の堂々巡りに陥る危険性を指摘している。「スーパー・スーパー・スーパー・マシーン」「法則の法則の法則」「原因の原因の原因」「創造主の創造主の創造主」
 ひょっとすると、世界には「始まり」があるという出発点が間違っているのだろうか? 何か他の考え方があるのだろうか? もしかすると「アインシュタイン方程式」を書き換える必要があるのだろうか?
 中国人は、長い歴史の中で、独特の自然観を育んできた。なかでも「道教」の宇宙論は、老子や荘子の思想に基づく深い知恵の結晶である。もともと「宇宙」という言葉も、2000年前に、中国人が作り出したのだ。「宇」は空間、「宙」は時間という意味である。「道教」の宇宙論によると、時間と空間には、始まりも終わりもない。道教の宇宙論は、一つの円で表される。

 「円は、無限の時間と無限の空間を表している。この無限の時空が、ある原理によって枝分かれして行く。それは、『陰陽の原理』である。万物は、『陰陽の原理』の支配下にあるのだ。プラスとマイナス、一種の二進法である。白は『陽』を表し、黒は『陰』を表す。科学者は、世界には『始まり』があると言っているが、それでは、『始まり』の前にも『始まり』があることになり、きりがない。だから、『始まり』などないと考えるのが正しいのである。」 (アインシュタイン・ロマン NHKエンタープライズ 1991年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]