●一般相対性理論(親子宇宙論)

 仮に世界に「始まり」がないとするなら、「アインシュタイン方程式」は間違っていることになる。
 ところが、日本の佐藤勝彦(東京大学・下の写真)は、「アインシュタイン方程式」を出発点に、時空の問題を追究するうちに、宇宙が無限に再生産されていくという結論に到達したのだ。「親子宇宙論」という仮説である。

 佐藤曰く「仮に、最初できていた我々の宇宙というものを、丸い宇宙だったと思いましょう。そうした中で、いろいろな想定ができるのです。ある領域では、『ワームホール(虫の穴)』ができる。それから、あるところでは、ブラックホールになるところもできる。そして、いたるところに、ワームホール・ブラックホールができる。かつ、我々は、この元々の大きな宇宙を『お母さんの宇宙』と呼べば、小さな宇宙を『子供の宇宙』と呼んでいますが、『子供の宇宙』からも『孫の宇宙』が生まれてくる。さらに『孫の宇宙』から『曾孫の宇宙』が生まれてくる。このような構造が、どんどん発展していくということが分かってきたわけです。こういうふうに、宇宙がどんどん創られていく課程は、ほとんど無限に続くわけですから、我々が、最初の宇宙に住んでいるという傲慢なことは、とても言えなくて、曾孫のそのまた孫の宇宙、つまり遙か後の世代の宇宙に住んでいると考えるのが素直なじゃないかと思います。」

 なぜ、「親宇宙」から「小宇宙」が生まれるのか。それは、二つの宇宙をつなぐ「ワームホール」というメカニズムがあるからである。そのつなぎ目を、「アインシュタイン・ローゼンの橋」と呼ぶのである。実は、これもアインシュタイン方程式の意外な予言の一つなのだ。

では、最初の「親宇宙」は、いったいどこから来たのか? 最初の「親宇宙」の始まりは、考えなくていいのだろうか。
 佐藤曰く「一番最初の親宇宙ですが、これは、いったいどこから来たのかという質問に対しては、我々の議論の範囲では、神様に創っていただくより仕方がない。」(アインシュタイン・ロマン NHKエンタープライズ 1991年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]