●病気、再婚、母の死

1920年のアインシュタイン

1920年 病気回復後のアインシュタイン

 1915年12月、アインシュタインは友人ベッソーに宛てて、自分は「満足しているが、かなり疲れはてた」と書いた。けれども、彼は休養をとらなかった。1916年に彼は、10編の科学論文を書いたが、その中には「一般相対性理論の初の重要な概論」「自然および誘導放出の理論」「重力に関する最初の論文」「エネルギー-運動量の保存則についての論文」「シュヴァルツシルトの解についての論文」「アインシュタイン-ドゥ・ハース効果の測定のための新しい提案」が含まれている。彼はまた、相対性理論に関する初めての「半通俗的な著作」を完成した。過度の激しい活動が、適切な注意を欠いたこととあいまって、1917年のある時に始まって、数年続いた病気の主たる原因であったに違いない。
 この時期がいつ始まったかは正確にはわからない。しかし、1917年2月に、アインシュタインはエーレンフェスト宛に、肝臓疾患のために厳しい食事療法を守り、きわめて安静な生活を送ることを強いられているので、オランダを訪ねることは出来ないだろうと書いた。しかし、その安静な生活は、同じ月に彼が一般相対論的宇宙論の基礎的論文を、執筆することを妨げなかった。ローレンツは、アインシュタインが、来られないことに失望を表明した。けれども、彼は書いた:「ここ数年の精力的な仕事の後だから、あなたが休養をとるのは当然のことです。」アインシュタインの返事は、彼の病気が些細なことではなかったということを示している。戦時下にあって、彼は、ベルリンにいる自分の身内が、南ドイツの親類と保っているつながりのおかげで、自分はしかるべき食事を手に入れることができると述べ、「この援助がなかったら、私がここにとどまることは、ほとんど不可能だったでしょう。また、事態が今の状態のまま続くかどうか、私にはわかりません。」と付け加えた。彼は、スイスで、病の回復をはかることを熱心にすすめた医師の忠告に従わなかった。
 この時期に、エルザ・アインシュタイン・レーヴェンタールが万事をとりしきった。1876年にホーエンツォレルンのヘッヒンゲンで生まれたエルザは、アルバートの従姉であり、かつ「またいとこ」でもあった。彼女の父ルドルフは、アルバートの父ヘルマンの従兄弟であった。彼女の母ファニーは、アルバートの母パウリーネと姉妹であった。エルザがよくミュンヘンの親戚を訪れ、アインシュタインがヘッヒンゲンにやって来ていた幼年時代以来、エルザとアルバートはお互いを知っていた。彼らはお互いを好きになっていた。20代の初めに、エルザはレーヴェンタールという名の商人と結婚し、彼のもとで二人の娘、イルゼとマルゴットをもうけた。この短い結婚は離婚で終わった。アインシュタインがベルリンに到着したとき、エルザと彼女の娘たちは、ハーバーランド通りの5番の上階のアパートに住んでいた。彼女の両親は、同じ建物の下の階で暮らしていた。エルザがベルリンにいたことは、アインシュタインをこの町に引き寄せた要因の一つであった。
 1917年夏、アインシュタインは、エルザの隣のアパートに引っ越した。「エルザの親切な世話のお陰で、私は昨年の夏から4ポンド体重が増えました。エルザは、私のために必要なすべての料理を作ってくれる。」けれども、この年の終わり近く、彼の健康はいっそう悪くなった。彼は胃潰瘍を患っていることが、はっきりした。次の数ヶ月間、彼は床についていなければならなかった。1918年4月、彼は外出することを許された。しかし、まだ、用心しなければならなかった。「最近、私は、ひどい発作を起こしました。それは、私がバイオリンを1時間弾いたという、たったそれだけのことで、起きたのです。」5月に、彼は再び、今度は、黄疸で床についた。12月には彼は、エーレンフェスト宛てに、完全な健康を取り戻すことは、もうないかも知れないと書いた。
 その時までに、アルバートとエルザは結婚しようと決意していた。それゆえ、アインシュタインは、ミレーバと離婚する手続きを始めなければならなかった。離婚判決は、1919年2月14日に下された。それは(ことが順調にいけば)ミレーバが、アインシュタインの「ノーベル賞」の賞金を受け取るということを、取り決めていた。ミレーバは、その後ずっと、死ぬまで、チューリッヒにとどまった。初め彼女は、彼女の姓、マリッチを名乗った。しかし、1924年、彼女はアインシュタインという名に戻ることを許された。時折、子どもたちを訪ねる際に、アインシュタインは、彼女の家に滞在した。彼女は1948年に死んだ。その数年後に、アインシュタインは、彼女について書いた。「彼女は別居と離婚に決して甘んじなかった。そして、その気質は『メディア』を連想させるものになってきた。このことが、二人の男の子たちとの関係を暗いものにしたが、私は彼らを、やさしく愛していた。私の人生における、この悲劇的様相は、私が高齢になるまで続き、消え去ることはなかった。」
 アルバートとエルザは、1919年6月2日に結婚した。彼は40才、彼女は43才であった。彼らはエルザのアパートに居を構えたが、アインシュタインの研究と休息の場所に使う上の階の2部屋が、それに加えられた。時折、急に胃痛が起きることがまだあったが、しかし、1920年に彼はベッソーに、とてもよい健康状態に戻り大変元気だと書いた。物静かで、暖かみがあり、母のようで、かつ典型的な中産階級であるエルザは、彼女のアルバートの世話をするのを好んだ。彼女は彼の名声を誇らしげに喜んだ。

エルザとアインシュタイン

 アルバートとエルザが結婚して、半年後に、彼の母がベルリンにやって来て、息子の家で死んだ。
 アルバートの母、パウリーネの一生は安楽なものではなかった。1902年に夫が限られた資産と無収入のまま彼女を残して死んだ後、彼女は妻子ヘッヒンゲンにいる姉妹のファニーのもとに行き、滞在した。その後、彼女は長い期間ハイルブロンで妻をなくしたオッペンハイマーという名前の銀行家の家に住み込み、一家の切り盛りと彼女を慕う数人の幼い子どもたちの教育とを取り仕切った。後に彼女は、一時期、彼女のやもめの兄弟ヤコブ・コッホの家の世話をし、それから、ルツェルンに移り、娘マヤとその夫パウル・ヴィンテラーの家に一緒に住んだ。
 娘のもとに滞在している間に、パウリーネは腹部のガンで重病になり、ローゼナウ・サナトリウムに入院しなければならなかった。その後、まもなくして、彼女は息子と一緒にいたいということを特に希望した。1920年の初め頃、マヤ、医師、そして看護婦に付き添われてパウリーネが、ベルリンに到着した。彼女はアインシュタインの書斎に寝かされた。彼女は2月に死去した。
 アインシュタインの手紙。「母が亡くなった・・・私たちは皆すっかり疲れ切っている。血のつながりの重みを皆、骨の髄まで感じている。」

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]