●一般相対性理論(隠された次元)

 時間をどこまでもさかのぼり、この宇宙が生まれる瞬間にまでたどり着くとき、「始まりの特異点」の向こう側には、本当に無の世界しかないのだろうか? それとも、もしかすると「異次元の世界」があるのだろうか? 人間の知恵を越えた隠された次元があって、そこから、私たちの世界が、現れたり消えたりしている---そう唱える科学者もいる。
 時空は人間の思考が生み出した秩序に過ぎない。真の秩序は、人間の思考を越えたところに隠されている。アインシュタインの一番弟子といわれたデヴィッド・ボーム(下の写真)は、そう主張する。

 ボーム曰く「私が思うには、存在というのは、科学の理論で説明できる限界をはるかに超えて、いわば、広がっているのです。私たちの知っている時空は、いわば存在の一部なのです。ですから、隠れた秩序というものがあると思います。科学者が知っているのは、すべて、表に出た秩序なのです。むろんその現れ方に、どういう法則があるかを、一定の範囲に限れば、知ることができます。しかし、それはすべて、隠れた秩序から出てくるものなので、『始まり』が、どうであったかを問うことは無意味なのです。たとえば、テレビ番組をストーリーの途中から見始めて、前がどうであったのか尋ねるようなものですね。ともかく、表に現れた秩序は目に見えますが、もっと深く理解するためには、それがどこから展開されているのかを、理解しなくてはなりません。科学を超えた存在の領域があるのです。科学者は、もはや宗教的な問題に踏み込んでいると思います。」
 科学者が、合理的な思考方法にしがみつく限り、「始まり」の問いには答えようがないのだろうか? 科学とは別の次元の知恵が必要なのだろうか?
 インド最古の宗教文献・バラモン教の根本聖典である「ヴェーダ」の「宇宙の始まりの歌」にはこう歌われている---存在もなく、無もなかった---これは、つまり、「宇宙の始まり」は「二者択一」の論理で考えても無駄であるということを教えている。そもそも、「ヴェーダ」は、言葉や合理的な思考では、捉えきれないなにものかを指し示そうとしているからである。聖者スワミ・ブーマナンダの僧院では、最も古い「ヴェーダ」の原型を研究している。その僧院では、沢山の物理学者が修行している。ここでは、宗教的な真実と科学的な真実は、別のものではない。彼らは一つの真実を求めている。聖者ブーマナンダは、若き日、デリーの大学で科学を修め、その後、科学と宗教の区別を越えた精神の探究の道に入った。

 スワミ・ブーマナンダ曰く「時間と空間の始まる前に、何があったのでしょう。何が、時空を生む原因だったのでしょう。時空の内側にいながら、時空がどこから来たのかということを知ることが、果たしてできるのでしょうか? 私は科学の客観的な研究方法によっては、時空の始まりを知ることは、決してできないし、また、実りが少ないと思います。では、どうやって、先に進めるのでしょう。時間の内側にいる限りは、時間のない根源には、決して到達できません。それでは、時間の外側にあっては、時間を生み出す根源には、どうすれば到達できるのでしょうか。時間の外に出ること、時間を超越すること、客観的世界を乗り越えること。時間や空間という概念では捉えられぬ境地を目指すことが必要です。そういう境地に到達することができるでしょうか。すなわち、人が、時間の内側にとどまらず、物質の世界の感覚を越え、それ故に、空間をも必要としない精神の探究です。これこそ、科学者が探究すべきテーマです。」
 東洋だけでなく、西洋の科学者の間にも、偉大な神秘は、言葉では語ることができないものだという考え方が広がっている。
 ケンブリッジ大学のキャベンディッシュ研究所は、今日までに数多くのノーベル賞受賞者を生み、その歴史は、物理学の歩みそのものとさえ言われている。現在、この研究所には、科学の論理を越えた世界に踏み込もうとしている、ある独創的な物理学者がいる。ブライアン・ジョセフソン(下の写真)は、24才の時に書いた「ジョセフソン効果」についての論文で、ノーベル賞を受賞した。この理論を応用した「ジョセフソン素子」は、今日では、広くコンピュータに使われている。今、彼は直感力を持つコンピュータの開発など、意識や精神の法則を探究し始めている。

 ジョセフソン曰く「私は、精神が物質を生んだと考えています。私たちが、宇宙だと考えているものより以前から、精神が存在していて、時間と空間は、この精神の中から作り出されたのかも知れないと思います。それは、人間の精神とは、ある意味で異なっています。しかし、ものを考え出すなど、精神の特質とされるものを持っているという点では同じです。ただ、この精神は、人間の精神とは、何もかも、まるで違ったスケールを持っています。この、いわば最高精神と結びつくことによって、人間の精神は、可能性を広げていくことができます。宇宙を創造した最高精神は、一種の『サイコキネシス(距離をおいて精神力で物を動かしたり変形したりすること。念動。)』のようなものだったと思います。精神と物質の相互作用です。そこでは、最高精神の働きかけで、エネルギーが一カ所に集められて、ビッグバンが起こりました。最高精神は、さらに宇宙を発達させ、物理定数を生命や知性の発達にふさわしいように、調節したのでしょう。私たちは、ビッグバンの瞬間まで戻って、それが起こるのを観察することはできません。しかし、私たちは小さなスケールで、物質の法則の一部を観察することができ、それを大きなスケール、たとえば、宇宙の始まりに応用することができます。同じように、もし科学が、精神の法則を手に入れられれば、それを応用して、最高精神がどのようにして、宇宙を創造したかということも、理解できるかも知れません。」(アインシュタイン・ロマン NHKエンタープライズ 1991年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]