●一般相対性理論(宗教と科学)

 「存在の第一原因」は何かという問いほど、賢者を悩ませてきた問いはあるまい。いったい科学は、どこまで、この問いに答えることはできるのか。今、ローマの「バチカン」では、超一流の科学者を集めて、必死に、その答えを見つけようとしている。「バチカン」には、「教皇庁科学アカデミー」という知られざる機関があり、400年も前から科学の動向に、目を光らせているのだ。

ここには、年に一度、世界中から最高の科学者が呼ばれ、法王の臨席のもと、果てしない議論が戦わされるのだ。つまり、宗教が科学の情報を集めているわけだ。情報への飽くなき執念が、この強力な組織を支えてきたというわけだ。ニュートンは宗教の問いを、科学に持ち込むことを禁じた。それ以来、科学と宗教はお互いの領土を守り、棲み分けを続けてきた。ところが、「アインシュタイン方程式」のお陰で、二つの問いの境界線はもはや、曖昧になろうとしている。「バチカン」が一番関心を持っているのも、その境界線なのだ。おそらく、「バチカン」は知っているのであろう---科学は「始まりの特異点」の謎を解けないでいるということを。「特異点」を乗り越えようとすれば、科学を越えた、宗教の問いが復活するわけだからだ。
 『蒸発するブラックホール』『特異点の謎を解き明かす虚時間の理論』で有名なスティーブン・ホーキングは、1981年、バチカンでイェズス会が催した宇宙論会議に出席した。その時、ホーキングは、ブラックホールの研究の最中であったが、宇宙の起源と運命に対する興味を、ふたたびかき立てられていたのだった。カトリック教会は、かつては科学の問題に教義をふり回し、太陽が地球を回っていると宣言して、ガリレイに、ひどい仕打ちをしたことがあった。それから何世紀か経ったいま、教会は何人かの専門家を招き、宇宙論について助言をもらおうと決めたのである。会議の終わりに参加者は法王との謁見を許された。法王は、ビッグバン以後の宇宙を研究するのは、大いに結構だが、ビッグバンそれ自体は研究してはならない。なぜなら、それは創造の瞬間であり、したがって、神の御業なのだから、と語った。ホーキングは、会議で彼が語った主題を、法王が知らなかったことを知ってほっとした --- その主題とは、時空は有限であり境界をもたないという可能性であったが、これは時空にはじまりがなく、創造の瞬間がなかったことを意味する。ホーキングは、ちょうどガリレイの没後300年目に生まれたという奇縁もあって、ガリレイには強い親近感を抱いていたが、ガリレイと同じ運命をたどりたいとは、全然思っていなかった。
 今、最先端の科学者の研究は、観測や実験で確かめられる範囲をはるかに超えて、哲学領域に深く踏み込んでいることは事実である。
 オックスフォード大学マーティン・リース(下の写真)曰く「どうしても知りたい問いが二つあります。一つは、この宇宙がなぜ存在するのかという問いです。なったい何ものの力によって、方程式にいのちが吹き込まれるのでしょうか? もう一つは、なぜ私たちの脳が、方程式の意味を理解できるように、できているのかという問いです。宇宙を記述する方程式が、誰にでも理解できるということは、考えてみれば、不思議なことなのです。この二つをどうしても知りたいのです。」

 時空は、どこから、なぜ生まれてきたのか? それが、無から生まれたとしても、永遠の過去から存在していたとしても、隠れた次元から現れたとしても、謎は残るのだ。人間が、果てしなく問い続けることをやめない限り、究極的答えも見つからないのではないのか。(アインシュタイン・ロマン NHKエンタープライズ 1991年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ]