●日本訪問とノーベル賞

 大正時代に一世を風靡した総合雑誌「改造」の発行所改造社の社長山本実彦(さねひこ)氏は、京都大学の哲学教授西田畿多郎、東北大学の理論物理学教授石原純両氏のすすめによって、アインシュタインを日本へ招待する計画を立てた。
 アインシュタインは世界各地を旅行したが、それらの旅行はいつでも、政治的な緊張に結びつけられており、したがって彼は、彼の言動が彼の敵によって悪用されないようにといつも気を配っていなければならず、そのために各地の珍しい風景や習慣を心から楽しむという余裕をもつことができなかった。
 しかし、極東の日本を旅行する場合には、このような緊張からはまったく解放されて、心からその旅行を楽しむことができるであろうアインシュタインは考えた。
 このときの事情をアインシュタインは、来日二週間後に書いた「日本における私の印象」という文章の中でつぎのようにのべている。
 「ここ二、三年私は世界の各地を旅行した。それは一人の学者にとっては多すぎた。私のような種類の人間は、研究室にとどまって静かに勉強しているべきものだと考えていた。だから私はいつも、旅行に対する申し訳または理由を考え出して、それで安心していたのだ。いままでの多くの旅行には、ちょうど都合のよい申し訳が立ったものだから、さほど敏感でない私の良心も、たちまちその呵責から免れ得たような次第であった。ところが今回山本氏から『日本へ来てみたらどうか』との招待があったとき私の考えついた申し訳は、いままでのとは全然その性質を異にしていた。というのは、『もしこの機会を失ったならば、もう日本へ行く機会は来ないかも知れない。この機会を眼前に見ながらそれを利用しなかった、という後悔は一生忘れられまい』という感じが、一、二ヶ月どころか、半年も一年も私の時間をつぶさなければならぬ東洋への旅行を決心させた理由であった。
 私が日本から招待されたということをきいて人々は非常に羨ましがった。ベルリンに住んでいてあれほど羨ましがられたことははじめてであった。私どもにとっては、日本という国は、薄いベールに包まれた不思議な国と思われている。その夢の国に私はよばれたのだ。日本人---ドイツでは淋しくくらし、熱心に勉強し、親切に笑っている、その日本人の住んでいる国に私はよばれたのだ。日本人のあの微笑! あの微笑の背後には、われわれの心とは質と形を異にしたやさしい日本の心もちがひそんでいる。小さなかわいらしい日本の器具や、ときどき流行する日本風の読み物に現れている日本の気分がどんなにわれわれのそれと異なっていることであろうか」
 そこでアインシュタインは、1922年の9月にライプチッヒで開かれる自然科学者会議が終わったならば、そのあと日本を訪問したいという返事を、改造社社長の山本実彦氏にしたのであった。
 こうしてアインシュタインは、1922年の10月8日、マルセーユ出帆の日本郵船の北野丸に、夫人同伴で客となったのである。
 アインシュタイン夫妻をのせた北野丸は、一ヶ月以上にわたる航海ののちに、11月13日に上海に着き、11月17日には神戸に入港することになっていた。
 その北野丸が上海に向かって急いでいる11月10日のことであったが、スエーデンの科学アカデミーのノーベル賞委員会は、アインシュタインに対してノーベル物理学賞を与えるということを発表した。
 すでにのべたようにアインシュタインは、1905年に、19世紀までの物理学をくつがえし、20世紀の物理学を支配すると思われる特殊相対性理論を重力場の存在する場合へ拡張することを試み、ついに1916年にいわゆる一般相対性理論を完成し、その理論は、1919年の日食観測によって見事に実証されていたのである。
 これほどの仕事をしたアインシュタインに対して、スエーデンのノーベル賞委員会がノーベル賞を与えるのにかくも長い時間を要してしまったのは、つぎのような理由によるものである。
 まず第一に、アルフレッド・ノーベルは、そのノーベル物理学賞を設定するに当って、賞金は、それによって人類が非常に大きな利用価値を得るような、物理学の最近の発見に対して与えられるべきであるということを規定している。
 ところが、アインシュタインの相対性理論は、最初は、新しい現象を主張するものではなく、それまでに知られていた多くの現象を統一的に、より簡単に理解する一つの原理を与えるものであった。したがってこれが果たして「発見」であるかどうかは、人々によって意見がわかれるところであった。ましてや、これが人類にとって大きな利用価値のあるものかどうかも、人々の意見にまかされるべき問題であった。
 第二に、アインシュタインの相対性理論は、純粋に理論物理学の理論であるにもかかわらず、時間がたつにつれて、それは政治的な論争の道具に使われるようになってしまっていた。その事情を説明しよう---当時の熱狂的なドイツ国家主義者たちは、第一次世界大戦におけるドイツの敗北は、ドイツの国力や軍事力は世界中を相手にしても決してひけをとるものではなかったにもかかわらず、ユダヤ人と平和主義者がドイツを裏切ったことに原因があったと信じていた---ところで、アインシュタインはそのユダヤ人であり、しかも平和主義者であった。そしてそのアインシュタインは、ドイツの敵イギリスの学者たちが認めたがゆえに有名になった相対性理論による名声を利用して、戦後も、ユダヤ人と平和主義のための運動を展開している---以上の事情からして、もしスエーデン科学アカデミーのノーベル賞委員会が、アインシュタインの相対性理論に対してノーベル賞を与えるということをすれば、それはスエーデン科学アカデミーが、政治的にアインシュタインの側に立つことになり、スエーデン科学アカデミーもまた、政治的論争の渦に巻き込まれてしまうおそれがある。
 以上二つが、スエーデン科学アカデミーのノーベル賞委員会が、アインシュタインの相対性理論に対してノーベル賞を与えることをためらっていた大きな理由であった。
 ところが、スエーデン科学アカデミーは、以上二つのことを巧みにさけて、アインシュタインにノーベル賞を与える方法を思いついた。
 それは、アインシュタインに、その相対性理論における業績ではなく、その光量子の理論における業績に対してノーベル賞を与えるということであった。
 アインシュタインの相対性理論は、学者の間ばかりでなく、世界の大衆の間で話題にされるほど有名なものになってしまい、それが政争の具に供されるという事態までまねいてしまっていたが、アインシュタインの光量子の理論は、学者の間だけで知られている、相対性理論におとらずすぐれた理論であった。
 しかもその光量子の理論においては、たしかに事実が発見されていた。
 そこでスエーデン科学アカデミーは、「1921年度のノーベル賞は、光電効果の法則と理論物理学の領域における仕事に対して、アインシュタインに与えられた」ということを、1922年の11月10日に発表した。
 アインシュタインはこの知らせを、上海へ向かいつつあった北野丸の船上できいたわけであるが、その北野丸は、11月13日の午前11時の上海に入港した。
 その時の様子を、11月14日付の読売新聞はつぎのように伝えている。
 船中にアインシュタイン博士を訪ねると、あたかもノーベル賞を授与されたとの報に接し、当惑の態(てい)で、自分の学説はそれほどに値するものではないと謙遜し、世界で12人しかこの学説を了解し得るものはないという説を否定し、ふつうの科学的知識のある人ならば何人もよく了解し得るであろうとのべ、なお本年クリスマス島での日食の実験は、天候が悪かったので好結果は得られなかったと語った。博士は質素な背広服で、宗教家のような温和と謙遜の態度で接したが、日本人とは学習的親和をもっているとのべていた。(アインシュタイン伝 矢野健太郎 新潮文庫より)  

●日本におけるアインシュタイン

日本でのアインシュタイン

 さて、アインシュタイン夫妻と、上海まで出迎えた改造社社員稲垣守弥氏とをのせた北野丸は、11月14日の朝上海を出帆して神戸に向かった。
 北野丸が神戸入港予定の11月17日は、数日来の雨が晴れて、小春日和の日であった。そのときの様子を、アインシュタイン自身はつぎのようにのべている。
 「色々と想像はしていたものの、日本というものを明確に頭にうかべてみることはできなかった。北野丸が瀬戸内海に入って緑の島々が朝日に照らされているのを見たとき、私の好奇心は極度に緊張した。船客と船員の顔は喜びにかがやいていた。平生なら朝食の前には顔をみせないやさしい日本の婦人たちが、朝の六時というのに、もうデッキにとび出て、一時も早く故国の土を見ようと歩き回っていた。寒い朝風がふいていたにもかかわらず、人々が強い感激をおぼえているのをみて私の心は動かされた。日本人はその国土とその国民を愛している。おそらく日本人ほど愛郷心の強い国民は他にないであろう。日本人は外国語をよく話し、外国の事情に対して大きな研究心をもっている。それにもかかわらず日本人は、外国ではいつも遠来の客であるという感じからのがれることはできない。その理由はなんであろうかと、私は考えてみた。」
 北野丸は、午後二時に、神戸港の和田岬にその姿を現した。
 アインシュタインを出迎えるために神戸へきていた、東京大学の長岡半太郎教授、東北大学の愛知敬一教授、九州大学の桑木或雄(あやお)教授、東北大学の石原純教授、改造社の山本実彦夫妻、それに多くの新聞記者は、早速出迎えのランチで北野丸へ向かった。
 アインシュタインは、出迎えの新聞記者たちにつぎのように語っている。
 「私は、小泉八雲の著書によってはじめて日本を知り、その国民性にはふかく共鳴しています。日本を一度訪問してみたいとは思っておりました。このたび改造社の招きでいよいよ日本を訪問することに決まりましたのですが、私は相対性理論の知識を日本の人に与えるとともに、また日本からも何物かを得て帰りたいと思っています。私の学説はすべて確信の上に立っていますが、それでもどこかでさらに新しい発見があるかも知れないとおもって、いまなお怠らずにそれを研究し続けています。私は日本に一ヶ月余り滞在する予定ですが、その間も研究に費やしたいと思います」
 アインシュタイン夫妻と出迎えの人たちをのせた北野丸は、午後四時すぎ神戸港の第三突堤に横づけされたが、神戸の港は、この有名なドイツの理論物理学者を一目見ようとする人たちであふれていた。
 アインシュタイン夫妻一行は、神戸のオリエンタル・ホテルで小憩ののち、午後五時、三ノ宮発の列車で京都へ向かった。途中大阪駅では、新聞や弁当の売り子のよび声を面白がったアインシュタイン夫人は、これは一種の日本音楽だとその調子を真似てこれに興じた。
 その日アインシュタイン夫妻は、京都の町を一回りしたあと、ぼんぼりのともっている都ホテルで、来日第一日目の夜をすごした。
 翌11月18日は、ふたたび京都を自動車で一回りしたのち、アインシュタイン夫妻は汽車で東京へ向かった。この日は雲一つない秋晴れで、アインシュタイン夫妻は、琵琶湖、関ヶ原、浜名湖の秋景色、そして雪をいただいた富士山など、車窓から日本の景色を十分に楽しむことができた。
 こうして、アインシュタイン夫妻とその一行をのせた特急列車は、11月18日の午後7時20分に東京駅へすべり込んだ。
 その東京駅のプラットホームは、数百の出迎えの人たちで身動きもできぬほどであった。
 当時の写真班のたくマグネシュームの煙と人たちをかきわけて夫妻が改札口へ現れると、さらにまちうけていた数千の人たちは、帽子を振る、手をたたくの歓呼をあびせ、期せずして百雷のような万歳の声がおこった。
 アインシュタイン夫妻は、ステーション・ホテルで小憩ののち、東京駅から帝国ホテルへ向かった。その帝国ホテルには、歓迎の花束でかざられた部屋が夫妻のために用意されていた。アインシュタインは、「この部屋はあまりぜいたくすぎます。このホテルは大層私の気に入りましたが、もっと質素な部屋ととりかえるよう山本氏に伝えて下さい」と言ったが、山本実彦氏の、「私は礼を尽くして、できるかぎりのことをあなた方に捧げたい希望をもっています、私の誠意だけは是非受け入れていただきたいと思います」という主張におしかえされてしまった。
 その翌日の11月19日にアインシュタインは、慶應義塾大学の大講堂で、「特殊および一般相対性理論について」という演題で講演を行った。
 アインシュタインはまず、和服姿の石原純博士の通訳で、一時半から四時半までの三時間を、特殊相対性理論について諄々(じゅんじゅん)と説いていった。
 そして、一時間の休憩ののち、さらに五時半から七時までの二時間、こんどは一般相対性理論について話をした。
 こうしてアインシュタインの、来日第一回目の講演会は、通訳も含めて五時間も続いたわけであるが、最後までこれを熱心にきいた、二千数百人におよぶ日本の大衆の態度は、アインシュタインに深い感銘を与えた。
 このことを報じた読売新聞の記事は、その最後を「聴衆はながいながい間一人も動揺せずに静かにきいていた。アインシュタイン氏の声は金鈴をふるように音楽的であり、石原博士の説明は女子どもにも理解される言葉使いである。二千数百の聴衆は、理屈はわからねど、まったくよわされた。ちょうどアインシュタイン氏の催眠術にでもかかったように」という言葉で結んでいる。
 翌11月20日の午後は、アインシュタイン夫妻は、小石川の植物園で開かれた学士院の公式歓迎会に出席した。そして夜は明治座で日本の芝居を見物した。
 アインシュタインの東京における第二回目の講演会は、11月24日に、神田の青年会館で開かれた。そのときの演題は「物理学における空間と時間について」であったが、これも、夕方の五時半から、途中一時間の休憩を入れて十時まで続いた。このときは聴衆は前回にもまして堂にあふれ、入場できなかった人の数も多かった。
 以上は、相対性理論に関心を示している一般大衆のための一般講演であったが、アインシュタインの学術講演は、11月25日から、日曜を休んで12月1日までの六日間、毎日午後二時から一時間半、東京大学理学部物理学教室の中央講堂で行われた。
 アインシュタインはこの講義の第一日目には空間と時間の相対性を説き、第二日目には自然法則はローレンツ変換に対して不変であるべきを説明し、ミンコフスキーの四次元世界におけるテンソル代数学を展開した。そして第三日目には、テンソルの微分を導入して、マクスウェルの電磁方程式に及んだ。
 第四日目からは一般相対性理論の説明に入り、第四日目は、リーマン幾何学とテンソル解析学の説明に費やされた。第五日目には、重力の理論に入って、重力場での光の偏倚、また水星の近日点移動などの事実が説明された。
 そして最後の12月1日は、宇宙論的な問題の説明に費やされた。
 こうして、アインシュタインにとっては、来日以来大層忙しい日が続いていったわけであるが、11月30日付の読売新聞に、アインシュタイン博士のホテル生活という記事が見えているから以下に引用してみよう。
 「入京以来のアインシュタイン教授は、ずいぶん忙しい朝夕を過ごしている。夕食などはたいていホテルで食べないほどで、夫人同伴で宴会から宴会、招待から招待とよばれつづけて、正午ごろ出ていくとホテルへは夜十時前にはほとんで帰ったことがない。朝は八時頃にはおきるようだが、九時半ごろまでは絶対部屋つきの給仕を入れず、ドアの上には『ノックをしてはいけない』と書いた札を下げている。このわずか一時間くらいが教授のあらゆる研究にふける大切な時間であるらしい。九時からは夫人とともに部屋へ非常な簡単な食事を運ばせてしたためながら、手紙やら訪問客やらの名刺を整理する。入京早々のさいにはずいぶん訪問客もあったが、教授夫妻の二室のほかに、改造社が一室を借りきって訪問客の仲取次をやっているので、このごろはそんなに訪問客には接しない。昼食は部屋でやったり食堂へ出たりするが、部屋でやるときは一品か二品、ほんのおしるしの物をとり、些細なお金も無駄にしない、万事きわだった倹約ぶりが目立つという。アルコール分を含むものは絶対にさけて、ただ静かな時をすごすが、さすが教授は非常にゆったりと落ち着いたもので、雀の巣のような頭髪もほとんど手入れをしないそうだ。なにか一つ給仕に小さなことをしてもらっても、一々丁寧に例の物やさしい調子でお礼をいい、物事はきちんと片づけるというふうだ。ホテル内の他の泊まり客はいずれも敬意を表しているが、夫人が非常に近眼なので、ときどきまちがって他人の部屋へ入ったりして小さな滑稽をのこす。このまた夫人の行動に信頼しきっている博士は、そのまま夫人についてその部屋に入り込み、学会の勇者もさすがにすこぶる恐縮して、あたふたと逃げだすこともときどきある。
 お風呂が大変好きと見え、どんなにふけてもきっとお湯にはいるが、十二時すぎて打ちとけて夫人と語りつづけていることもあるという。荷物といっても夫婦でトランクが五つで、いろいろの服装ももってきているようだが、どれもこれもびっくりするほど質素なものであるという。教授は寝床へはいると、いかなることがあっても、どんな近親者がたずねてきても、かねてから一切ドアを開かぬ人として評判である。教授は『自分が寝床に入るときは、世の中のすべてから完全にまぬかれるときで、いささかの事件をも考えない。すべてを忘れてただ安眠のみを心がける。他の学者は夢のなかで方程式を考えたなどというが、自分はすべてを忘れてただ安らかに眠りつづけるだけである』といっているそうである」
 さて、アインシュタインの日本におけるスケジュールはかなりきついものであった。
 11月17日に神戸に着き、11月18日に東京入りしてから、12月1日までに、二つの一般講演と六日にわたる学術講演を行ったが、さらに12月2日には、東京を発って仙台へ向かった。
 そしてその翌日の12月3日には、午前九時から、仙台市公会堂で、超満員の聴衆を前にして、愛知敬一氏の通訳で、午後二時半まで、同じく相対性理論に関する一般講演を行った。当日は、仙台市内はもちろん、近県から、また東京から聴講にきた人も多く、講演会は非常な盛会であった。
 講演後は、アインシュタイン夫妻は午後三時仙台発の列車で松島に向かい、松島を遊覧し、そして翌12月4日の朝八時半に仙台を出発して日光へ向かい、日光で来日以来はじめて二日間の静かな休養の時間をとった。
 しかし、12月6日には東京に帰り、すぐ翌日関西へ向かい、12月8日には名古屋で、10日には京都で、11日には大阪で、13日には神戸で、それぞれ一般講演を行った。
 その後アインシュタイン夫妻はは奈良と宮島を見物して、12月23日夜門司に到着し、同夜は門司の三井クラブに一泊した。
 そしてその翌日、12月24日は、福岡市の大博劇場で一般講演を行い、25日には九州大学を訪問した。
 こうして博士夫妻は門司で日本での最後の数日を過ごしたが、その最後の夜12月28日の夜には、門司クラブにおける長井三井物産支店長の招待会に出席した。
 このときアインシュタイン博士の、なにか日本の代表的な歌をききたいというもとめに応じて、列席の人たちが、義太夫、謡曲、長唄、槍さび、それにどじょうすくいにいたる隠し芸を出して、博士夫妻をよろこばせた。
 そのときアインシュタインは、お礼にバイオリンを三曲奏している。
 こうしてアインシュタイン夫妻は、12月29日午後三時、多くの人に見送られながら、榛名丸で日本を去り、帰国の途についたのであった。(アインシュタイン伝 矢野健太郎 新潮文庫より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]