●反ユダヤ主義に対するアインシュタインの態度

 ドイツで、反ユダヤ主義が広まり、アインシュタインの物理学は「ユダヤ的」で不道徳だという批判が現れたとき、彼は孤立を守るという彼の信条を破り、ユダヤ社会の一員として振る舞うようになる。アインシュタインは、公然とユダヤ人として行動した。
 ユダヤ民族の宿命へのアインシュタインの積極的な関心は、ベルリン時代に始まった。彼にとって、この関心は、超国家主義(インターナショナリズム)的理想と、決して矛盾するものではなかった。1919年の10月に彼は、物理学者ポール・エプシュタインに書いた。「人間は、自分の部族の仲間への気づかいを失わずに、国際的な関心を持つことができるものです。」12月に、彼はエーレンフェストに書いた。「こちら(ベルリン)は、反ユダヤ主義が強く、政治的反動傾向は激しいものです。」彼は、その頃に、ポーランドおよびロシアにおける一層過酷な運命から逃れてきたユダヤ人(当時彼らの流入は、ベルリンで特に顕著であった。1900年には、92,000人のベルリンのユダヤ人のうち11,000人が『東方ユダヤ人』であった。1925年には、172,000人中の43,000人となった)に対する、ドイツ人の反応に特に激怒した。「これらの不運な逃亡者たちのへの反感をあおりたてることは……効果的な政治上の武器となり、あらゆる、デマゴーグ(扇動政治家)によって、うまく利用されています。」数多くのこれらの亡命者たちが、文字通り助けを求めて、彼の家をノックしに来たので、アインシュタインは、彼らの窮状のことを、特によく知っていた。彼にとって、追われるユダヤ民族に関するかぎり、超国家主義は、しばらく放っておいてよかった。
 いらいらの種がもう一つあった。「品位を欠く同化政策論者(ドイツ人との同化を主張する者たち)の熱望と奮闘とに、私は、終始悩まされてきました。それを、非常に多くの私のユダヤ人の友人たちの中にみてきました。これらの、そして、これに似たような様々な出来事が、私の中にユダヤ民族の感情を呼び起こしました。」アインシュタインの、科学につぐ、もっとも強いアイデンティティの根源は、ユダヤ人たることであり、それは、年が経過するにつれて、ますます強くなったに違いない。ただし、その忠誠心は、宗教的なふくみを全く有しない。1924年に、彼は、とうとうベルリンのユダヤ人集会の会費納入会員になった。しかし、たんに連帯感の行為としてであった。シオニズム(ユダヤ民族の祖国再建運動)は、彼にとって、他の何にも増して、個人の尊厳への懸命な努力の一形態にすぎなかった。彼は、シオニストの組織には加わらなかった。
 アインシュタインの回想「私はユダヤ人ですが、ユダヤの教えを実践しているわけではありません。確かに、子どもの頃は信仰心が厚く、学校に行くときには、ユダヤの歌を歌っていたほどです。しかし、その頃初めて科学の本を読み、それで、私の信仰は終わりました。ただ、時を経るとともに、ある事実に気づくようになりました。それは、あらゆるものの背後には、私たちが間接的にしか、かいま見られない秩序があるということです。それは信仰にも通じます。その意味で、私は宗教的な人間でもあるのです。」

●量子力学、統一場理論

 「光」の謎から「特殊相対性理論」へ、そして「重力」の追求から「一般相対性理論」へ ---- 自然の秩序を深く信じたからこそ、アインシュタインは、偉大な仕事を成し遂げたのであった。しかし、その確固たる信念は、物理学に生まれた次の新たな理論と、衝突することになった。1927年、第5回のソルベイ会議で、アインシュタインは「量子力学」の学者たちと同席した。「量子力学」は、物理現象を「原子」や「素粒子」など、もっとも小さなレベルで追求する学問である。ヴェルナー・ハイゼンベルク(1901-1976)ニールス・ボーア(1885-1962)に代表される量子力学の科学者たちは、ミクロの世界の物理現象は、不確かさと偶然によって支配されていることを理論立てた。宇宙という最も大きな構造に焦点を当ててきたアインシュタインは、自然界に、不確かなものがあるという「量子力学」の考え方を、ひどく嫌った。

ボーアとアインシュタイン

ニールス・ボーアとアインシュタイン

 アインシュタインの回想「量子力学は、部分的には有効でしょう。しかし、確率とか、偶然で、すべてが決定されるという核心の原理には、納得できません。もっと深い、本当の原理があるはずです。ボルンに言ったように、神はサイコロをふらないんです。」「量子力学は大変印象的です。がしかし、私の内なる声は、それはまだ本物ではないと私に言っております。この理論は、かなり多くのものをもたらします。しかし、われわれを創造主の神秘にほとんど近づけてくれません。いずれにしても、私は神はサイコロ振りをしないと確信しております。(1926年アインシュタインのボルンへの手紙より)」
 アインシュタインの『神はサイコロをふらない』という有名な言葉には、傲慢さが感じられる。なぜ、彼にそれがわかるのか。神が袖の中に、何を隠しているかは、わからない。
 アインシュタインは、生涯、ボーアと論争を続けた。決して、量子力学を支持することはなかった。そして、アインシュタインは、「相対性理論」と「量子力学」を、一つにまとめる壮大な理論を打ち立てようと目指すのであった。
 アインシュタインの回想「同僚からは、異論を唱える頑固者だと、見られるようになりました。長年の間に、目も耳も機能しなくなった化石のような存在です。そう言われても、いやな気はしませんでした。私の気質を、よく表していましたから・・・」
 極小から極大まで、すべての物理現象を解き明かす理論、それは「統一場理論」と呼ばれる。アインシュタインは、「統一場理論」を求めて、孤独な長い道のりに踏み出した。
 アインシュタインの科学上の活動の最後の期間は、ずっと、統一場理論によって支配された。また、量子論が、彼の心からなくなることもなかった。この30年間にわたって、これらの目的を達成するための方法については、暗中模索であったが、その目的自体は、彼にとっては、はっきりしていた。一般相対性理論以後の科学上の旅路で、彼は、目的の港に到着するために、輸送の方法で、多くの変更を、しばしば強いられる旅行者のようであった。彼は、ついに、たどりつかなかった。この年月における彼の研究方法の最も著しい特徴は、それほど、従前のものと違っているわけではない:航海への傾倒、熱情、そして、苦痛、後悔、あるいは思案なしに、一つの戦略をやめ、ほとんど休む間もなく、別の方策に取りかかる能力。20年の間、彼は、ほぼ5年に一度ずつ、5次元の方法を試みた。その後は、もちろんのこと、この期間中にも、彼は、まず一つの種類の、そして次には別の種類の、4次元連続によって、目的に到達する道を探った。彼はまた、一般相対性理論の問題に時間をかけることもあったろうし、あるいは、量子論の基礎を熟考したであろう。
 統一場理論における彼の目的は確固としたものであった。彼の方法は多様であった。そして彼の努力は徒労であった。  

(重力場と電磁場の統一場理論*)
 空間に物質が存在すれば、それは、この空間に重力の場をひきおこす。そして、この重力の場は他の物体に働いて、その物体に働く力を引き起こす。
 アインシュタインは、この事情を記述するために、まず四次元の空間を考え、この空間は、重力場によって定まる曲率をもっていると考えた。これが、彼の一般相対性理論の、はじめにある考えであるが、この考え方によれば、一般相対性理論は、一口に言って重力場の理論であり、四次元の曲率をもった空間は、それを表現するために最も適した空間であるということができる。
 さて、上と同じ事情が、電荷を持った粒子に対しても存在する。電荷をもった粒子の存在は、空間に一つの電磁場をひきおこす。そして、その電磁場は、他の電荷をもった粒子に働いて、それに働く力をひきおこす。
 アインシュタインの一般相対性理論は、物質の存在によって、ひきおこされる重力の場は、空間の曲率という形で考慮に入れているが、電荷をもった粒子の存在によって、引き起こされる電磁場を、空間の性質という形で考慮に入れるということはしてはいない。
 このことを、かねがね不満に思っていたアインシュタインは、ベルリンに帰ってから(1924年)は、もっぱら、この問題ととりくんだ。このように、重力場の存在と、電磁場の存在とを空間の性質として考慮に入れた理論は、現在では統一場理論とよばれている。
 上の話からもわかるように、この統一場理論は、かなり数学的な理論である。
 さて、アインシュタインが、その一般相対性理論で用いた空間と、アインシュタインがその統一場理論で用いた空間の違いは、つぎのようである。
 空間は平らでないといえば、空間は曲がっていると考えるのが普通であるが、空間は曲がっていると同時に、ねじれているいることもあるのである。この場合、空間がどのくらい曲がっているかを表す量は曲率、空間がどのくらいねじれているかを表す量は捩率(れいりつ)とよばれている。
 これらの言葉を使えば、アインシュタインが、その一般相対性理論で用いた空間と、統一場理論で用いた空間の違いは、一口で、つぎのようにのべることができる。
 アインシュタインは、その一般相対性理論では、曲率はもっているが、捩率はもっていない空間を考えた。しかし、その統一場理論では、曲率はもっていないが、捩率をもっている空間を考えた。
 さて、アインシュタインが、この重力場と電磁場の両方を考慮に入れた統一場理論を研究しつつあるという噂は、1929年の3月14日という、アインシュタインの第五十回目の誕生日が近づくにつれて、世界中にひろまった。
 アインシュタインは、その相対性理論によって、宇宙の謎の一つを解いた人である。そのアインシュタインが、第五十回目の誕生日を期して、この宇宙の謎を最終的に解く統一場理論を発表するであろうという噂は、ジャーナリズムにとっては、もってこいのニュースである。
 したがって彼は、世界中の新聞社や雑誌社から、彼がその第五十回目の誕生日を期して発表しようとしている統一場理論の概要を誰にでも分かるような言葉で教えてほしいという要請を受けた。そして彼のベルリンの家は、毎日大勢の新聞記者や雑誌記者によって取り囲まれることになってしまった。
 このアインシュタインの新しい統一場理論は、プロイセンの科学アカデミーの紀要に発表されることが分かったので、その印刷所へ手を回して、この論文が印刷発表されるのを待つより仕方なかったが、あるアメリカの新聞記者は、もしそれが発表されたならば、他のどの新聞社よりも早くそれをアメリカへ知らそうとして、アメリカへの電送写真を用意したほどであった。
 この騒ぎの中で、アインシュタインの新しい統一場理論は、ついにプロイセンの科学アカデミーの紀要に発表されたが、それは、数学、ことにテンソル解析学の公式で満たされた数ページの論文であったので、新聞記者や雑誌記者にとっては、それは全くのちんぷんかんぷんであった。
 しかし、リーマン幾何学の結果を利用したアインシュタインの一般相対性理論が、逆に、このリーマン幾何学の研究を刺激したのと全く同様に、リーマン幾何学の拡張を利用したアインシュタインの統一場理論が、逆にリーマン幾何学の拡張の研究を刺激したのは事実であった。(*アインシュタイン伝 矢野健太郎 新潮文庫より)
(※「統一場理論への理解を深めるならば、ココもご参照下さい。)

●アメリカへ、エルザの死  

 アインシュタインは1933年10月からアメリカに永住した。もっとも、ドイツを去ろうという彼の考えは、その2年ほど前から具体化し始めていた。1931年12月、彼は自分の旅行日誌に書いている。「今日、私は私のベルリンでの地位を、基本的に手ばなすことを決心した。」このとき、彼はパサデナ(ロサンジェルス近郊)に初めて滞在するための旅路の途中であった。ドイツの最近の事件を、よく考えてみたい雰囲気であった。1年前に、ナチスは、驚異的飛躍を遂げ、ドイツ共和国議会の議席12から107に伸ばしていた。
 プリンストン(ニュージャージー州)に移住しようというアインシュタインの決定は、アブラハム・フレクスナーとの3回の会見の結果であった。最初の会見は予定されたものではなかった。1932年の初め、フレクスナーは、高等学術研究所という新しい研究センター(後のプリンストン高等研究所)を作るという彼の企画について、カリフォルニア工科大学の教授たちと議論するために、パサデナを訪れていた。この機会に、彼はアインシュタインに紹介された。二人は研究所計画について一般的に議論した。1932年の春、オックスフォードで二人が再開した際、フレクスナーはアインシュタイン自身が研究所に参加する気持ちがないかどうか尋ねた。1932年6月、カプート(アインシュタインは1929年にベルリン近郊カプートに家を買っていた)での3度目の会見の際、アインシュタインは、彼の助手としてヴァルター・マイヤーを連れていけるならば、参加を熱望すると述べた。
 アインシュタインは、当初、1年のうち5ヶ月をプリンストンで、残りの時間をベルリンで過ごすつもりであった。しかし、決してそうはいかなかった。1932年7月の新しい選挙で、ナチスが230の議席を得ることになった。アインシュタインが、妻に、お前は二度とカプートの町を見ることはないだろうと述べたのは、その年の12月のことであった。1932年12月10日、アインシュタイン一家は30個の荷物とともに、蒸気船オークランドでブレンメルハーフェンを出発し、再びカリフォルニアに向かった。事実これが彼らにとってドイツとの永遠の別れになった。1933年1月30日、ヒトラーが権力をにぎった。3日後に、アインシュタインは、プロシア・アカデミーの事務局宛、自分の俸給の取り決めについて手紙を書いている。しかし、事態は急速に悪化し、1933年3月28日付の手紙で、アインシュタインは辞表をベルリンのアカデミーへ送った。その1週間前、『ニューヨーク・タイムズ』は、「最近のドイツ史上、最も完全な家宅捜索が行われた」と報じた。ナチス突撃隊は、アインシュタインのカプートの家を、隠匿武器捜索のために家宅捜索をしたのである。『ニューヨーク・タイムズ』によると、彼らが発見したのは、パン切り包丁1本だけであった。
 ベルリンにあったアインシュタインの論文は、義理の息子ルドルフ・カイザーの手によって、無事に救出され、フランスの外交用郵便袋で、フランス外務省に送られた。
 アインシュタインのもとには、暗殺を予告する脅迫状まで届いていた。少年の日、一度そうしたように、彼は再び、ドイツから逃れる。
 アインシュタインの回想「私は、いかなる国家にも、また、友人が作るサークルにも、所属したことはありません。自分の家族とさえ距離を保ちました。自分自身の中に、引きこもる必要性は、年々増しました。孤立を守ったせいで、しばしば、苦い思いをしましたが、後悔したことは、一度もありません。他人の理解や同情を受け付けなければ、彼らの意見や、偏見からも自由でいられます。」
 1933年、アインシュタインと妻エルザは、アメリカに渡り、二度とドイツには戻らなかった。
 静かな大学町プリンストンに落ち着くと、すぐに日課が定まった。毎朝、歩いて「プリンストン高等研究所」に通い、午後になると、マーサー通りのこじんまりした自宅に帰ってきた。

プリンストンのアインシュタイン

 彼は、決して車の運転を覚えなかった。アインシュタインは、持ち前の風変わりな性格を、存分に発揮した。アメリカ市民となる式典に、靴下を履かずに出席したのも、その一例であった。常識的な大学教授という役割を、彼は決して、演じようとしなかった。たくみな、ユーモアの影には、深まり行く孤独が、隠されていた。
 1936年、妻エルザは、短い病気の後、亡くなった。エルザの死後「熊のような孤高の生活は、度を増した」と、彼は、友人への手紙に書いている。
 最初の妻、ミレーバとは、二度と会うことはなく、彼女は1949年に亡くなる。次男のエドヴァルトは、精神の病を得て、スイスの病院で、1966年に亡くなった。長男のハンス・アルバートは、カリフォルニアで工学の教授になるが、父親とは滅多に会わなかった。「統一場理論」の追究は続いた。しかし、アインシュタインは、それを発見できなかった。
 アインシュタインは、「統一場理論」を追い求めたために、生涯の最後の30年を無駄にしたという意見がある。しかし、私たちは、彼の恩恵を、大いに受けているのだ。彼は、理論の統一のための道を、示してくれたのだ。今も、多くの物理学者が、核の力を、重力や電磁力と、統合しようとしている。誰もが、アインシュタインの遺産を受け継いでいるのだ。

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]