●アインシュタインの平和思想とルーズベルト大統領への手紙

 1930年12月、アインシュタインは、アメリカを訪問したときに、彼の平和思想を語った。その中で、アインシュタインは、戦争を阻止するための具体的な方法を示した。
 アインシュタイン曰く「現在、さまざまな国の人が、国家のために、殺人の罪を犯していることに気づいてほしいと思います。いかなる状況でも、兵役は拒否すべきなのです。兵役を指名された人の2%が戦争拒否を声明すれば、政府は無力となります。なぜなら、どの国もその2%を越える人を収容する刑務所のスペースがないからです。」
 この演説は、アメリカ人に、熱狂的に迎えられ、若者の襟を「2%」と書かれたバッジが飾っていった。
 1933年、アインシュタインは、ナチスの迫害を逃れて、アメリカに亡命した。この時、アインシュタインは、それまでの平和思想を、突然くつがえし、ナチスへの対抗を訴えた。
 アインシュタインは、ロマン・ロランと平和主義の同志として長い交流を続けていた。そのロマン・ロランにアインシュタインは、つぎのような手紙を送った。「私がお伝えすることは、あなたを驚かすでしょう。もう、兵役拒否が有効な時代は終わりました。今こそ、武器を取って立ち上がるべきです。」
 アインシュタインの態度の変化に対して、ロマン・ロランは、日記に、こう書いた。「かかる精神の弱さが、一人の科学者の精神に見えるとは・・・。アインシュタインの知性は、自然科学の分野では天才的であるが、それ以外では、あいまいで、自己矛盾している。」
 1939年8月2日、レオ・シラードの要請を受けて、アインシュタインは、ルーズベルト大統領宛の原爆の開発をうながす手紙に署名した。アインシュタインは、シラードが手紙を持ってきてから、2週間悩んだすえに、署名したのだった。内容は以下の通りである。

Albert Einstein
Old Grove Rd.
Nassau Point
Peconic, Long Island

August 2nd 1939

F.D. Roosevelt
President of the United States
White House
Washington, D.C.

Sir:

   Some recent work by E. Fermi and L. Szilard, which has been communicated to me in manuscript, leads me to expect that the element uranium may be turned into a new and important source of energy in the immediate future. Certain aspects of the situation which has arisen seem to call for watchfulness and, if necessary, quick action on the part of the Administration. I believe therefore that it is my duty to bring to your attention the following facts and recommendations:
   In the course of the last four months it has been made probable - through the work of Joliot in France as well as Fermi and Szilard in America - that it may become possible to set up a nuclear chain reaction in a large mass of uranium, by which vast amounts of power and large quantities of new radium-like elements would be generated. Now it appears almost certain that this could be achieved in the immediate future.
   This new phenomenon would also lead to the construction of bombs, and it is conceivable - though much less certain - that extremely powerful bombs of a new type may thus be constructed. A single bomb of this type, carried by boat and exploded in a port, might very well destroy the whole port together with some of the surrounding territory. However, such bombs might very well prove to be too heavy for transportation by air.

 

  -2-

   The United States has only very poor ores of uranium in moderate quantities. There is some good ore in Canada and the former Czechoslovakia. while the most important source of uranium is Belgian Congo.
   In view of the situation you may think it desirable to have more permanent contact maintained between the Administration and the group of physicists working on chain reactions in America. One possible way of achieving this might be for you to entrust with this task a person who has your confidence and who could perhaps serve in an inofficial capacity. His task might comprise the following:
   a) to approach Government Departments, keep them informed of the further development, and put forward recommendations for Government action, giving particular attention to the problem of securing a supply of uranium ore for the United States;
   b) to speed up the experimental work,which is at present being carried on within the limits of the budgets of University laboratories, by providing funds, if such funds be required, through his contacts with y private persons who are willing to make contributions for this cause, and perhaps also by obtaining the co-operation of industrial laboratories which have the necessary equipment.
   I understand that Germany has actually stopped the sale of uranium from the Czechoslovakian mines which she has taken over. That she should have taken such early action might perhaps be understood on the ground that the son of the German Under-Secretary of State, von Weizsaeker, is attached to the Kaiser-Wilhelm-Institut in Berlin where some of the American work on uranium is now being repeated.

Yours very truly,
(Albert Einstein)

 

アルバート・アインシュタイン
オールド・グローブ・ロード
ナッサウ・ポイント
ペコニック・ロング・アイランド
1939年8月2日

F・D・ルーズベルト
合衆国大統領
ホワイトハウス
ワシントンD・C

拝啓
 原稿で私に伝達されたE・フェルミとL・シラードの最近のいくつかの研究は、ウラン元素が、近い将来、新しく、かつ重要なエネルギー源となるという期待を私に抱かせます。現在生じている状況は、ある面で十分注意深く見守られることが要求され、さらに必要とあらば、政府当局として、即時、行動に移すことを要求されているように思われます。したがって、私は、以下の事実ならびに勧告について、あなたの注意をうながすことが私の義務であると信じます。
 この4ヶ月間におけるフランスのジョリオとアメリカのフェルミとシラードの研究によって、大量のウラニウム中に核連鎖反応を起こすことが可能になり、そして、それによって、莫大な力と、多量の新しいラジウム様の元素を生み出すことが可能になりつつあります。そしていまや、これが近い将来に実現されるのは、ほとんど確実なように思えます。
 この新しい現象はまた、爆弾を作ることも可能にします。そして、新しいタイプの非常に強力な爆弾が作られるということは --- 確実というほどでないにしても --- 十分に考えられることでもあります。このタイプの単体爆弾がボートで運ばれ、港で爆発すれば、それは港全体を破壊してしまうばかりでなく、その周辺地域をも破壊してしまうでしょう。しかし、この爆弾は、飛行機での輸送には、重すぎることも明らかになるでしょう。  

 米国で採掘できるウラン鉱石は、非常に質が悪く、しかも採掘量も多くはありません。カナダと旧チェコスロバキアでは、良質のウラン鉱石が、いくらか採掘されます。一方、最も重要なウラン源は、ベルギー領コンゴです。
 この状況を鑑みれば、大統領におかれましては、政府と(核分裂の)連鎖反応の研究をしているアメリカ人物理学者達との、持続的接触を密にすることが望ましいと、お考えになってもよろしいでしょう。これを達成することを可能にする一つの方法は、あなたが、ご自分の信頼できる人物、かつ、非公式の立場で奉仕することができる人物に、この仕事を託すことかも知れません。その仕事は、以下のことを含みます。
 a)政府の省庁に接近して、さらなる開発に関して周知すること、米国のために、ウランの確保を確実にする件について特別な注意をうながす内容の、政府の行動にむけた勧告を提案すること。
 b)現在、研究は、大学の実験室の限られた予算で実施されていますが、必要なら、かくなる理由で、寄付を惜しまない私人との接触を通して、基金を用意することと、そしてまた、必要な設備が揃っている産業各社の実験室の協力を得ることで、実験作業を速めることです。
 私は、ドイツが占領したチェコスロバキアの鉱山からのウランの販売を、ドイツが事実上停止したことの意味を理解しています。ドイツが、そのような早急な行動をとったことは、多分、以下のような理由で理解できます。すなわち、ドイツの次官の子息、フォン・ヴァイツゼッカーが、ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム研究所に配属され、そこではアメリカのウラン研究のいくつかが、追跡研究されているのからです。

敬具
アルバート・アインシュタイン

 戦後撮影された奇妙なフィルムが残っている。シラードが、アインシュタインから、原爆開発のサインをもらう場面を、わざわざ、再現したものである。なぜ、アインシュタインが、このフィルムの撮影に協力したのか---撮影の目的は不明である。しかし、アインシュタインが、原爆開発を促す手紙にサインをした行為の正しさを確信していなければ、戦後、この撮影に協力することはなかったはずだ(下の写真)。

シザードとアインシュタイン

 アインシュタインの別荘をシラードとともに訪れたのが、エドワード・テラー(下の写真)であった。テラーは、ロスアラモス研究所で、原爆開発にたずさわり、戦後は、水素爆弾を完成して「水爆の父」と呼ばれるようになった。いわば、アメリカの軍事研究の時代とともに歩んだ人物である。

エドワード・テラー

 テラーの回想「アインシュタインは、手紙を注意深く読みました。そしてこれは、核エネルギーが、直接、われわれに使用される最初の時だろうと言いました。われわれは、核エネルギーである太陽のエネルギーを、これまで、間接的に使ってきたからです。それが、アインシュタインの唯一の感想でした。サインされた手紙は、シラードが持ち去り、大統領に届けられるまでには、3ヶ月かかりました。」
 アインシュタインの手紙には、ドイツの原爆開発の中心となった学者の名前が書かれてある。それはフォン・ヴァイツゼッカーである。当時、カイザー・ヴィルヘルム研究所の新進物理学者だった。現在、ドイツ最高の物理学者であると同時に、キリスト教の立場から平和運動を進める哲学者でもある。

ヴァイツゼッカー

 ヴァイツゼッカーの回想「私は、アインシュタインがとった行動は、正しかったと思います。私たちが、原爆を製造する可能性はあったからです。しかし、短期間で原爆を造ることは、不可能であることを悟りました。それは、私たちにとって、幸いなことでした。アメリカが、原爆を開発したと聞いて、本当に驚きましたよ。しかし、私たちが、アメリカ同様に努力しても、原爆は完成しなかったでしょうね。アメリカは、ドイツの千倍もの予算を投入したのですから。」
 原爆開発のための「マンハッタン計画」が動き始めた。人里離れた大地に「ロスサラモス研究所」が作られた。すでに、シラードのアイデアで核連鎖反応実験は成功し、原爆の兵器としての実用化が、この研究所の使命だった。ユダヤ人亡命者をはじめ、世界中から、理論物理学、実験物理学の学者が集められ、世間から隔離され、研究生活を送った。科学者は専門別に細かく分断されて、他の分野については一切知らされなかった。アインシュタインが理想とした研究の成果の自由な交流は、ここにはなく、研究を支配するのは、科学者ではなく、国家であった。しかし、科学者は、その本質に気づかないまま、研究に熱中していった。原爆の二種類の原料のうち、プルトニウムは、ワシントン州のハンフォードで、濃縮ウランは、テネシー州のオークリッジで、急ピッチで生産されていた。ロスサラモス、ハンフォード、オークリッジの三カ所は、緊密に結びつき、秘密のうちに、核エネルギーの解放へと向かっていくのであった。
 1945年、ドイツ全土は、連合軍による激しい空襲にさらされ、主要な都市は、壊滅的な打撃を受けた。5月7日、ナチス・ドイツは連合国に全面降伏した。しかし、ドイツ降伏後も、日本軍は連合国と戦い続けていた。アメリカ軍の沖縄上陸によって、日本の降伏は目前と思われたが、もしも、このまま、アメリカ軍が日本本土上陸を敢行すれば、アメリカ軍にも、多くの死傷者がでることは明らかだった。
 アインシュタインにとっての敵であったナチス・ドイツは、完全に滅んだ。野獣の集団が野獣にふさわしく葬り去られたのだ。彼の心は、すがすがしいものに満ちあふれていた。しかし、その後の日々、アインシュタインは、恐ろしい予感にさいなまれた---「日本がまだ降伏していない。アメリカの原爆研究は、まだ続いている。私が日本を訪れたのは、1922年11月だった。形を喜ぶ目を持つ日本人、自然と人間が一つに結ばれた日本、そこには、数多くの友人がいる。確かに、この戦争中、日本がアジアで行った非道な行為は、ナチス・ドイツにくらべても、ましとはいえまい。だが、日本は、私と私の家族を、殺そうとはしなかった。その日本が、原爆投下の危機にさらされている。」
 ドイツ降伏が目前となった頃、原爆の開発に、たずさわった科学者の中から、原爆の使用に反対する動きが出てきた。大統領宛の原爆投下反対の請願書が作られ、多くの科学者の署名が集まった。
 ナチス陥落の2ヶ月前、シラードは、アインシュタインと会い、ふたたび、大統領への手紙にサインするよう求めた。原爆の日本投下を阻止しようと、シラードは、大統領に働きかけるつもりだった。原爆開発を進めるにも、原爆投下を止めるにも、アインシュタインの名声が必要だったのである。アインシュタインは、ふたたび、シラードの意見に同調しサインした。しかし、この手紙を読まないまま、ルーズベルト大統領は死亡した。  

 「O weh!(ああ悲しい!)」アインシュタインは、広島に原爆が投下されたことを知ったとき、そう叫んだと伝えられる。  

 戦後、ようやく、原爆の被害写真が公表された頃、アインシュタインに、手紙を書いた日本人がいた。アインシュタインから、返ってきた書簡は、いま、東京の地下金庫に保存されている。なぜ、平和主義者のアインシュタインが、原爆の開発を進めるルーズベルトの手紙に、署名したのか---アインシュタインの平和思想の根本を鋭く問いただしたのは、雑誌『改造』編集者の篠原正瑛(しのはらせいえい)だった。
 篠原の手紙「その第一の目的が、人類の福祉と幸福に奉仕すべき科学が、なぜにあのように恐ろしい結果を、もたらすようになったのか。偉大な科学者として、原爆製造に重要な役割を演じられたあなたは、日本国民の精神的苦痛を救う資格がある」
 アインシュタインは、礼儀に反して、あえて、篠原の手紙の裏に返事を書いて、送り返してきた。そして追伸には、「人を批判するときは、よく相手のことを調べてからにすべきだ」と、怒りをあらわにしていた。アインシュタインの返信には次のようにある。「原爆が、人類にとって恐るべき結果をもたらすことを、私は知っていました。しかし、ドイツでも、原爆開発に成功するかも知れないという可能性が、私にサインさせたのです。」そして、アインシュタインは、戦争が許される条件を示した。「私に敵があって、その無条件の目的が、私と私の家族を殺すことである場合です。」(アインシュタイン・ロマン NHKエンタープライズ 1991年より)

 [前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]