●世界政府

 第二次世界大戦の終了に引き続く数年ほど、アインシュタインが、政治や政治運動に、のめりこんでいったときはなかった。「戦争には勝ったが平和はまだだ」と、1945年12月、聴衆に語っている。彼は、戦後の世界は、危機的に不安定であるとみなし、新しい統治形態が、要求されていると信じていた。アインシュタイン曰く「最新の原子爆弾は、広島の都市以上のものを破壊してしまった。われわれに、こびりついた時代遅れの政治観念をも、吹き飛ばしたのである。」1945年の9月という早い時期に彼は、次のように提唱している。「文明と人類を救済する唯一の方法は、法律に基づき国家の安全を保障する『世界政府』の形成である。」
 彼の考えによると、その種の世界政府は、構成国を束縛することができる決定権を、与えられていなければならない。彼は、そのような権限を欠いた国際連合には懐疑的であった。世界政府は、彼の残された年月に、彼が再三再四、いろいろな形で立ち戻ってきたテーマであった。1950年にも『科学者の道徳的義務について』のメッセージの中で彼は繰り返している。「暴力的手段を排除するために、法律に基づいて、超国家的組織が創設されることによってのみ、人類は救われるのです。」このような理想に向かって、たとえ、周囲が反対しようとも、われわれは、努力すべきであると彼は信じていた。「生来、自由で良心的な人は、滅ぼされるというのは、真実かも知れないが、そのような個人は決して奴隷にされたり、盲目的な道具として仕えさせられるようなことが、あってはならないのです。」当時、多くの機会(良心的兵役拒否者に関する手紙や、議会の反米活動調査委員会へ喚問された高校教師、ウィリアム・フラウエングラスへの手紙)に、彼は市民的不服従を提唱した。「超国家的体制のもとに、世界に平和を、もたらそうとするうえでの問題は、ガンジーの方法を大規模に取り入れることのよってのみ、解決されるというのが、私の信念であります・・・・知識人の少数派が『教育の自由を抑圧する』悪に対抗するには何をなすべきであろうか。率直にいって、ガンジーの意味での非協力政策という革命的な方法しか見出しえない。」忌むべきマッカーシー時代の日付をこれらの文章は、当時としてはむしろ、まれなものであった。
 さらに、アインシュタインは「原子力エネルギーの利用を人類に役立つ形で(しかも)それについての知識と情報を普及せしめる方法で進めていく」必要性を痛感していた。「・・・・それは、情報を入手した一般市民が、自身と人類の利益に役立つ形での行動を理性的に決定し、形成できるために必要である」と、その短い存在期間にアインシュタインが議長を務めた原子科学者緊急委員会という団体の憲章に述べている。1954年、アインシュタインは、秘密保護問題で、オッペンハイマーを弾劾しようとするアメリカ合衆国の行動を、公的に批判する原子力科学者の圧倒的多数に賛意を表明した。
 戦後のアインシュタインの政治的関心は、上に述べたテーマに集中されていたように思える。彼の提案のいくつかは、多分、非現実的であり、また他のものは、まだ時期尚早であった。だが、これらの提案が、澄んだ精神と強い道徳的信念から生まれてきたことは確かである。
 アインシュタインの政治的見解について、もっと深い問題で、あとの二つの件を述べねばならない。彼は、決してドイツ人を許さなかった。「ドイツ人が、わが同胞ユダヤ人の大量虐殺をやってからは、私は今後、ドイツ人とは一切のかかわり合いを、もつつもりはない・・・。可能な範囲で自分の良心を保った、ほんの数名については例外である。」彼にとって、例外の数名とは、オットー・ハーン、マックス・フォン・ラウエ、マックス・プランク、それにアーノルド・ゾンマーフェルトであった。
 アインシュタインは、イスラエル政府について、政治的に批判的な場合もあったが、イスラエルの大儀のために献身的であった。彼は、イスラエルのことを「us(われわれ)」、ユダヤ人のことを「My people(わが同胞)」と呼んだ。アインシュタインのユダヤ人としての同胞意識は年をとるとともに強くなっていったように思われる。彼は、真に自分の故郷となる場所を見いだしえなかったのかも知れない。しかし、彼は自分の属する種族は発見できたのである。  

 [前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]