●プリンストンにおけるアインシュタイン

アインシュタイン、エルザ、マルゴット

アインシュタイン、エルザ、マルゴット

 アインシュタインが、プリンストン高等研究所の教授として着任したのは、1933年の冬のことであった。しかし、このときアインシュタインは、単なる旅行者の査証をもってアメリカに入ったのであった。
 しかしながら、アインシュタインは、彼がアメリカへ移住してから三年目の1936年に彼の妻エルザを失った。
 アインシュタインとミレーバの間に生まれた長男も、アインシュタインとともにアメリカへ移住したが、この人は技師として独立した。
 また、エルザのつれていた二人の娘のうち一人はドイツを去ってから、まもなく亡くなったが、もう一人のマルゴットは、その夫と離婚して以来はアインシュタインと一緒に住んでいた。このマルゴットは、女流彫刻家として聞こえた人であった。
 アインシュタインには、マヤとよばれる一人の妹がいたが、彼女は、アインシュタインが学んだことのあるアーラウの州立ギムナジウムの先生の子息と結婚して、イタリアのフィレンツェに住んでいたが、イタリアにおけるナチの影響に不安を感じて、彼女の夫はスイスに帰り、彼女は兄をたよってプリンストンへ来ていた。このマヤの声と話しぶりは、兄のアインシュタインのそれと、そっくりであり、彼らを訪ねる人たちを驚かせた。
 ニュージャージー州、プリンストンのマーサー・ストリート112番地のアインシュタインの家には、その娘、マルゴット、その妹マヤのほかに、1929年以来アインシュタインの秘書をつとめ、のちアインシュタインのハウス・キーパーとなったヘレン・デュカス嬢が同居していた。このデュカス嬢は、アインシュタインと同じシュヴァーベンの生まれであり、エルザ・アインシュタインと同じ小さな町の出であって、精力的にアインシュタインの身の回りの仕事を片づけてくれた。
 すでにのべたように、1933年の冬にアインシュタインが、アメリカに来たときには、彼は単なる旅行者としての査証しかもっていなかった。ところが、アメリカの移民局法によれば、アメリカに永住する許可を与え得るのは、アメリカ領事だけであった。そして、その領事は、アメリカ国外にしかいないのであるから、アメリカに永住する許可を得ようとする人は、一度アメリカの外へ行って、そこでアメリカ領事からそのような許可をもらってこなければならなかった。
 そこで、アインシュタインは、バミューダのイギリスの植民地へ行き、そこの領事からアメリカへ永住する許可を得ようとした。
 しかし、アインシュタインのような人のこの島への訪問は、非常な評判をよび、島は『お祭りさわぎ』につつまれてしまった。この地のアメリカ領事は、アインシュタインのために歓迎パーティー催し、アインシュタインに、アメリカに永住する許可を与えたのであった。
 こうしてアインシュタインは、アメリカに永住する許可を得るとともに、アメリカの市民になりたいという希望を表明して、その申し込みのための用紙を得ることができたのであった。
 しかし、アインシュタインが、アメリカの市民となるためには、まだ五年間待たなければならなかった。そして、そのときには、アメリカの憲法と、アメリカの市民の義務と権利に関する試験があることになっていた。したがってアインシュタインは、その試験のための勉強を非常に熱心に行ったといわれている。
 アインシュタインは、1940年の10月に、娘のマルゴット、秘書のヘレン・デュカスとともに、アメリカ市民権を得たのであった。
 こうしてアインシュタインとその一家は、プリンストンでの生活にとけ込んでいった。プリンストン高級研究所の教授と所員、プリンストン大学の教授と学生、そしてプリンストンの町のすべての人たちが、アインシュタインを好いた。
 当時、プリンストン大学の学生たちは、  

The bright boys, they all study math
And Albie Einstein points the path
Although he seldom takes the air
We wish to God he'd cut his hair
 

秀才どもは いつも数学を勉強する
そして アルビー・アインシュタインはその方針を指示する
彼は滅多に外に出ないけれど
ああ神様 彼が散髪をしますように  

とふざけて歌った。
 また、アインシュタインは、町の人から相対性理論の定義をきかれて、ふざけて次のように答えたという。
 「もし男の子が、きれいな女の子と一時間並んで坐っていたとすれば、その一時間は一分のように思えるでしょう。しかし、もし彼が熱いストーブのそばに一分間坐っていたら、その一分間は一時間のように感じるでしょう。これが相対性です」
 また、アインシュタインが、そのまわりの人たちに与えた印象については、レオポルト・インフェルトが次のように言っている。
 「プリンストンにおける私の同僚の一人は私につぎのようにたずねた。『もしアインシュタインが、彼の名声をきらい、彼のプライバシーを守ろうとするのなら、なぜ彼は普通の人がするようなことをしないのであろうか。なぜ彼は髪を長くのばし、おかしな皮の上着を着、靴下をはかず、サスペンダーをせず、カラーをつけず、ネクタイをしめていないのだろうか』--- これに対する答えは簡単である。彼の考えは、彼の入用を制限し、これを少なくすることによって彼の自由を大きくしようとしていることにある。われわれは、非常に多くの物事の奴隷になっている。われわれは、湯上がりに着る着物、電気冷蔵庫、自動車、ラジオ、そしてその他の多くの事柄の奴隷になっている。アインシュタインは、これらを最小にしようと試みたのである。長い髪は、散髪屋へ行く必要を最小にした、靴下ははかなくてもすむ、一つの皮の上着があれば、それは数年間にわたって上着の問題を解決する。サスペンダーは、寝巻の長シャツやパジャマのように余計なものである」
 プリンストンの人たちは、アインシュタインに関して多くの逸話を語っている。そのなかにつぎのようなのがある。
 アインシュタインの近所に一人の少女が住んでいたが、この少女の母親はあるとき、少女が、ときどきアインシュタインの家を訪問することに気がついた。そこで母親が不思議に思って、その理由をたずねると、少女は平気な顔で、つぎのように答えた。
 「わたしあるとき数学の宿題の中に解けない問題があって困っていたの。そしたら友だちが『あなたの近所の112番地には、アルバート・アインシュタインという世界的な数学者が住んでいる』って教えてくれたの。そこでわたし、そのアルバート・アインシュタイン先生をおたずねして、私の困っている宿題を教えて下さるよう頼んでみたの。そしたら、その人は、とってもよい人で、よろこんでわたしの困っている問題を説明して下さったの。とても親切に教えて下さったので、学校で習うより、よくわかったわ。しかもその人は、もし難しい問題があったら、またいつでも、いらっしゃいと言って下さったので、難しい問題があると教えてもらいにいくのよ」
 この少女の母親は、この話にびっくりしてしまって、早速アインシュタインの所へ詫びに行ったが、アインシュタインは、
 「いやいや、そんなにお詫びになる必要はありません。私はあなたのお嬢さんと話をすることによって、お嬢さんが私から学んだこと以上のことを、お嬢さんから学んだにちがいないからです」
と答えたという。
 アインシュタインが、このお嬢さんに問題の解法を説明したときに書いた紙が残っているが、その問題の一つは、与えられた二つの円O1とO2に対して共通接線を引け、というのであった。(アインシュタイン伝 矢野健太郎 新潮文庫より)

 [前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]