●旅路の終わり
晩年のアインシュタイン

 第2次世界大戦の間、アインシュタインは、静かに過ごした。ルーズベルト大統領に、核の研究をうながす手紙を書いたが、原爆の製造には関わらなかった。戦争が終わると、アインシュタインは、あらゆる主義・主張に関して見解を求められた。新しい国家イスラエルの大統領になって欲しいとの要請もあったが、もちろん、辞退した。彼にとって、あくまで最優先は科学だった。
 晩年のアインシュタインについて一言だけふれておこう。プリンストンの晩年のアインシュタインに出会ったことがあるという一人の老女が、その時の印象をこう語っている---『まるで幽霊みたいだったわ』---この老女の見たアインシュタインの姿---それは、波乱に満ちた生涯を生きたアインシュタインの真実の姿だったのかも知れない。
 1955年の春、アインシュタインの心臓は、不調をうったえた。そして、彼は入院した。彼は、病室に、秘書を呼び、万年筆と眼鏡と書きかけの原稿を取ってくれと頼んだ。もちろん、死期が迫っていることを知っていた。それでも、仕事が気になり「私は計算したいんだ」と言った。そうやって、計算しても、その成果を見ることはできないと、彼は知っていた。彼には、それでも良かった。1955年4月18日午前1時15分、アルバート・アインシュタインは、息をひきとる。享年76才。彼は、空間や時間、宇宙の構造についての認識を、永遠に変えて、そして、去っていった。
 アインシュタインの言葉「私は、生涯、自然の中に隠れている秩序を、わずかでも、かいま見ようとしてきました。すべての科学は、世界の中に存在する調和を、信ずる必要があります。理解したいという私たちの思いは、永遠のものです。」
 アインシュタインの墓はない。プリンストンの葬儀パーラーで行われた彼の葬儀は、わずか12人が参加しただけの簡素なものだった。彼の肉親では、長男のハンス・アルバートだけが、顔を見せた。彼の最初の妻、ミレーヴァも、二人目のエルザも、すでに世を去っていた。葬儀は、友人の弁護士オットー・ネーサンが、ゲーテの詩「シラーの鐘へのエピローグ」の一節を暗唱しただけで終わった。公の通知も出さず、花輪も音楽も控えるように、アインシュタインは、遺書にしたためたのだった。出席者のうち、一人の女性だけが、カトリック教徒だったので、彼女は、一輪のカーネーションをアインシュタインに捧げた。「単純なものこそ美しい」アインシュタインは、生涯、そう信じていた。
 遺体は荼毘にふされ、遺志に従って、灰は近くのデラウェア川に流された。

●おわりに

 われわれは、アインシュタインの業績を、どう評価すべきであろうか? アインシュタインの「一般相対性理論」は、今日の宇宙論の土台を築いた。しかし、同時に「相対性理論」は---アインシュタイン自身が言うように「重要な進歩は、いつも新しい問題を引き起こします」---多くの謎を残した。今日の宇宙論は、もはや、観測で確かめられる範囲をはるかに超えている。どの理論も証明することは不可能なのである。われわれは、あるいは「一般相対性理論」を知らない方が---つまり、ニュートンの力学のように、「時間」は絶対で永遠であり「空間」は、まっすぐで果てしないものであるという世界観を、そのまま信じている方が、よかったのかも知れない。一方「量子力学」は、どうだろう。たとえ、その根本原理が正しかろうが正しくなかろうが「21世紀の科学の進歩は、量子力学なしには考えられない」と言われているほど現在の科学技術に貢献している。今日までの「量子力学」の急速な進歩は、その実用性に要因があったのだろう。その点からいえば「量子力学」は「一般相対性理論」よりも、われわれの生活に接点が多い。
 アインシュタインの探究は「自然を理解したい」という科学者の欲求を満たすためのものに過ぎなかったのか。いや、科学の進歩が、科学者の欲求だけに任せられることがあってはならない。アインシュタインの業績は、いったい何だったのか。今現在、われわれは、それを単純に言い表す事はできない。しかし、いずれ、遠い将来かも知れないが、その答えは必ず出ると信じよう。

[前ページへ][ホームへ][目次へ]