●若き日のアインシュタイン  

 17才のアインシュタイン

17才の頃のアインシュタイン

 5才の時、彼は家庭で初めて教育を受けた。この挿話は、アインシュタインが癇癪をおこして、家庭教師に椅子を投げつけたので、その場で終わりを告げた。6才になって彼は国民学校(Grundschule)(注:日本の小学校にあたる ただし4年制)に入学した。彼は、信頼できる、着実なゆっくり進む児童で、数学の問題を納得しながら解いたが、計算間違いがなかったわけではなかった。彼の成績は良かった。1886年8月(アインシュタイン7才)、母パウリーネは彼女の母親に書いている『きのうアルバートは成績をもらいました。また成績は一番で、彼の通信簿はすばらしいものでした。』しかし、アルバートは依然として静かな子供で、学校友だちと一緒に遊ぶことには関心がなかった。彼の一人きりのゲームは忍耐とねばりを必要としていた。カードで家をつくるのがお気に入りの一つだった。
 1888年10月(つまり9才のとき)、国民学校から、ルイトポルト・ギムナジウム(注:Gymnasium:文化高等中学校。Grundschule四年間終了後試験を受けてはいる。9年制、卒業すると大学入学資格が得られる) に入学した。
 ミュンヘン時代の話でアインシュタインが、何度かよく上機嫌で語った話がある。例のギムナジウムで、ある教師が、アインシュタインに向かって「もし、きみがクラスにいなかったらもっと幸福だろうに」と言った。アインシュタインは答えた。「私は何も悪いことをしていません。」先生の答えは「それはそのとおりだ。しかしきみはうしろの列のそこに坐って、にやにやしているが、それは私が、クラス全体から得る必要がある尊敬の念をおかしているのだ。」
 少年時代のアインシュタインについての話を集めてみると、彼の最も特徴的なひととなりが、後天的なでなく、生来のものであることが、非常によく示されている。その子は、話し始めは遅かったが、小学校では一番になった。彼の成績が悪かったと広く信じられているが、それは根拠がない。その子は成人して、長い静かな形成期を経て、あらゆる科学的な成功を成し遂げた。教室に坐って、にやにやしていた少年が、老人になって、「『オッペンハイマー事件(戦後、アメリカの核開発に反対したオッペンハイマーはスパイ容疑でアメリカ政府から告発された)』を取り扱う当局者は馬鹿だ」と考えて笑い飛ばした。晩年には、彼の平和主義的な確信のおかげで、どんな権威者にも、力強く反対の発言をした。しかし、彼の個人的および科学上の行為においては、彼は権威に抵抗する謀反人でも、また、権威を転覆しようとする革命家でもなかった。むしろ、彼は非常に自由であったので、理性以外のいかなる形の権威も、彼にとっては馬鹿げて見えたのである。別の件についていえば、彼の短い宗教的熱中が痕跡を残さなかったのと同じように、後年、彼は、しばしば、ある科学的考え方に極度に熱中し、それから、それを結果を残さず捨てたのである。自分の宗教的熱中期間について、アインシュタイン自身は後に、こう書いている。「青春期のこの失われた宗教的楽園は『唯一者』から、私自身を解放するための最初の試みだったことが、私には明らかである。」この欲求は彼の生涯にわたって続いた。60歳代になって、彼は自分を、身も心も科学に売り渡すことによって、『私』および『われわれ』から『それ』へと逃れたのだといったことがある。しかし、彼は自分自身と他の人たちとの間に距離を置こうとしたのではなかった。人と離れることは、彼の心の内部のことであり、そのおかげで、彼は思索の中に埋もれて人生を歩き通すことができた。しかし、この人物について、ことに非凡と思われるのは、そうしながら、同時に彼が、世界と接触を断ったわけではなく、また世界から超然としていたわけでもなかったということである。
 もう一つの、そして最も重要なアインシュタインの性格は、一人で静かに遊んでいる子どもの中にすでに明らかである。すなわち彼の『離脱』である。このことはまた、家庭での経験の方が、正式の学校教育よりも重要だったことに見ることができるし、また学生時代、独学が教室での授業より優先したこと、ベルンの特許局時代に、物理学者社会とほとんど個人的な接触なしに、彼の最も創造的研究を行ったことにも見ることができるだろう。それはまた、他の人間や権威に対する関係においても示されている。『離脱』はまた、彼のひたむきな独力の研究、最も顕著なのは、特殊相対性理論から一般相対性理論への彼の過程でも、よく彼に役立った。この性質はまた、彼の後半生においても明確であって、彼は量子力学に対して根本的に懐疑的であり続けたのだった。最後に、『離脱』は、彼にとって、伝説とカリスマに飢えた世界から、彼の大切なプライバシーを守るために実際上必要なことであった。
 ミュンヘン時代に戻ろう。1894年(15才のとき)、ドイツでの競争に敗れた父ヘルマンは、工場をイタリアのパヴィア(ミラノから南約40km)に移し一家も引っ越した。ただ、学校のあるアルバートだけは、ひとりでミュンヘンに残った。
 アインシュタインの回想「私はミュンヘンの学校が、いやでたまりませんでした。厳格な規律と権威主義。教師は軍人のように、むちを振るって、隊列を組ませます。私は逃げ出す方法を探し求め、やっと見つけだしました。つまり、私と懇意だった医者のところに言って、一通の診断書をもらってきたのです。私は、神経衰弱に苦しみ、すぐにも学校を離れる必要があるという内容でした。」
 統一後間もないドイツ帝国の軍国主義教育は、自由にして闊達(かったつ)なアインシュタイン少年の気質には合わなかった。
 アインシュタインは、連絡もせず突然、イタリアの「パヴィア」の家の玄関に現れ、両親に、こういったそうである。「心配しないでくれ、浮浪者になるつもりはないから。ぼくには、ちゃんと計画があるんだ。」それが、15才のときだから驚きである。歳にしては、ずいぶんしっかりしていた。(下の写真:15才のアインシュタイン)

15才のアインシュタイン    

 ヨーロッパでも最高のレベルを誇る、スイスの「チューリッヒ連邦工科大学(Eidgenössische Technische Hochschule, ETH)」に進むのが、彼の計画だった。ドイツの「ギムナジウム」をきちんと終えていれば、無試験で入れたのだが、途中でやめてしまったため、入学試験を突破しなければならなかった。当時のアインシュタインは、卒業証書も、それに国籍もなかった。兵役を逃れるため、ドイツ国籍を放棄をしていたのだった。結局、大学の入試は不合格だった(数学においては優秀な成績を示したが、現代語と動物と植物で思わしい点数が取れなかった)。アインシュタインは、父親のすすめもあって、スイスのアーラウという町のギムナジウムに編入することにした。それは、挫折ではなく飛躍への第一歩だった。アーラウのギムナジウムは、すぐれた教育システムを持ち、最新の物理学研究室も備えていた。この研究室で、アインシュタインは電気技術の背後にある、物理法則の存在を、はじめて確認した。彼は、コンパスの針を電池と電線に近づけ、電流が磁界を誘導できることを確かめた。その二つとも、電磁気と呼ばれる同じ現象の、それぞれの側面である。また、彼は、単純な棒磁石を使って、砂鉄が磁力線に沿って集まり形作るパターンを研究したりした。そして、アインシュタインは、「光」というものも、空間を移動する電磁波であることを教えられた。

●ミレーバとの出会い

ミレーバ

 スイスのアーラウのギムナジウムを無事卒業したアインシュタインは、チューリッヒにある念願の「チューリッヒ連邦工科大学(ETH)」に入学した。「ETH」は、ヨーロッパ屈指の工科系大学であり、実験設備も最高に充実していた。しかし、アインシュタインは、あまり熱心な学生ではなく、お気に入りのカフェに入り浸りだった。
 アインシュタインの回想「新しい教育方法が、若者の好奇心を完全に押しつぶさなかったのは、まさに奇跡です。何しろ好奇心という、この繊細な植物は、刺激を別にすれば、主に自由を養分にして育つのですのですから。」アインシュタインは、コーヒーをすすりながら、何時間もクラスメートと語り合った。その中に、同じコースを選んでいる女子学生がいた。彼女の名前は、ミレーバ・マリッチ。当時、「ETH」はヨーロッパでも数少ない、女性にも門戸を開いている大学だった。成績が大変良かったミレーバは、ハンガリーからこの大学に入学していた。そして、アインシュタインと同じ物理の教職課程で学んでいたのだ。彼にとって、ミレーバは夢の体現者だったのかも知れない。家族の束縛はなく、自立していて、アインシュタインよりも、ずっと自由だったのである。アルバートとミレーバは、しだいに、自分たちは同じタイプの人間だと考えるようになった。当時のアインシュタインにとって、ミレーバとともに学び、湖のほとりを歩き、そして、物理学について考えるのは、どれも同じくらい大切なことだった。

●学生時代のアインシュタインの成績

 学生時代のアインシュタインの姿は、最新の研究であきらかになっている。「ETH」の記録が残っている。彼が3年のときに、興味深いことが起こっている。1899年の3月、大学当局は、公式に学生のアインシュタインを叱責した。理由は、勤勉さの欠如となっている。これは、つまりアインシュタインが物理研究室での実験を怠けていたと言うことだ。その証拠に成績表を見ると、実にはっきり、物理研究室での実験は、最低の成績「1」と書かれている。ところが同じ年、「電気技術」の研究では、優秀な成績の「6」をとっている。当時すでに、アインシュタインは、自分の好きな分野だけに情熱を傾け、その他の分野は、いっさい無視していたことが分かる。
 悪くとれば、傲慢に見えるアインシュタインの態度は、ときにトラブルを生んだ。大学の物理学部長、ハインリッヒ・ウェーバーはこう言ったと伝えられている。「きみは賢い子だ、アインシュタイン。実に賢い。しかし、きみは誰の言うことも聞かないという大きな誤りを、おかしている。」
 アインシュタインの回想「もちろん私は、ウェーバーの言うことなんか聞きませんでした。あの人のしている物理学は、70年前のものです。私が、自分の実験のことを話そうとしても、あの人は耳を貸さない。適当にあしらうのが最善の策でした。」
 1912年にウェーバーが死ぬと、アインシュタインは友人に、きわめて彼にとって異例だが「ウェーバーの死は『ETH』のためになる」と書いている。

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]