●まえがき(Vorwort)

 この小さな本は、相対性理論について、広く科学的、哲学的見地から興味をいだいているような人々に、理論物理学上の数学的道具を使わないで、できるかぎり正確な理解を与えようとするものである。本講義では、読者がおよそ高校卒業程度の教養と --- 短い小さな本ではあるが --- かなり大きな忍耐力と気力をもっていることを前提とする。著者は、主要な考えを、できる限り明確に簡単に記述するよう努力した。全体は、実際に起きた順序とつながりによるものである。私自身、明確さに関心をもつがゆえ、同じことを繰り返して書くことが避けられないように思えたし、文章表現のエレガントさにはほとんど考慮しなかった。すなわち私は、かの天才的な理論家であるL.ボルツマン(L. BOLTZMANN)の規則を誠実に守った、すなわち、エレガントさは仕立屋と靴屋の仕事にしておけという規則である。私は事の根底にある困難さが読者から取り除かれたとは信じていない。また、相対性理論の経験的物理的基礎をわざと無慈悲に(stiefmütterlich:継母のように)扱っている。それは、物理学から遠く隔たった読者が木を見て森を見ない旅人のようにならないためである。この小さな本が、多くの人々にとって、刺激の楽しい一時をもたらさんことを!  

1916年12月

A.アインシュタイン

(特殊および一般相対性理論について アルバート・アインシュタイン KM訳 1916年より)  

[ホームへ][目次へ][次ページへ]