●第4章 ガリレイ座標系(Das GALILEISCHE Koordinatensystem)

 よくご存じのように、慣性の法則(Trägheitsgesetz)という名で知られるガリレイ-ニュートン力学(GALILEI-NEWTONshen Mechanik)の根本法則は、次のようにいえるであろう。すなわち、他の物体から十分に離れている物体(訳注:慣性の法則が成り立つほど十分に離れている物体)は、静止状態または一様な(訳注:等速)直線運動(gleichförmig-geradlinigen Bewegung)の状態をつづける、と。この法則は、物体の運動についてのみならず、力学で扱うことが許された基準体や座標系(die in der Mechanik zulässigen Bezugskörper oder Koordinatensysteme)についても言われている法則である --- その基準体や座標系は、力学的な記述をするさいに役立つといえよう ---。慣性の法則が、十分な近似をもってたしかに(sicherlich mit großer Annäherung)適用できる物体は、目に見える恒星である。もし、いま、われわれが、「地球に堅く結びついた座標系」を用いるならば、おのおのの恒星たちは、この「地球に堅く結びついた座標系」に対して相対的に、一(天文)日(ein (astronomischer)Tag)のうちに巨大な半径の円を描く。これは、慣性の法則の条文(Wortlaut)に矛盾する。だから、もし、われわれが、慣性の法則に固執するならば、恒星たちの運動を、恒星たちが相対的に円運動をしないような座標系に対してのみ関係づけなければならない。一つの座標系、すなわち、その運動状態に、相対的に慣性の法則が、あてはまるような座標系を、われわれは「ガリレイ座標系(GALILEIsches Koordinatensystem)」と呼ぼう。ただ、ガリレイ座標系に対してのみ、ガリレイ-ニュートン力学の諸法則が通用するのである。(特殊および一般相対性理論について アルバート・アインシュタイン KM訳 1916年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]