●第6章 古典力学にもとづく速度の加法定理(Das Additionstheorem der Geschwindigkeiten gemäß der klassischen Mechanik)

 わが列車が、レールの上を一定速度vで、走っているとしよう。その列車の中を一人の男が列車の長さの方向に向かって歩いている。彼は、列車の進行方向に向かって速度wで歩いている。この男は、歩いてる間、軌道堤に対して(relativ zum Bahndamm)どんな速さ、つまり、いかなる速度Wをもって歩いていることになるか? 唯一の可能な答えは、つぎのように考えれば得られるだろう。
 かりに、男が一秒間静かに立っているとすれば、列車の進行速度と見合うだけの距離vを、軌道堤に対して前進することだろう。しかし、現実には歩いているのだから、列車に対してばかりでなく、軌道堤に対しても、この一秒の間に、その歩行速度に等しい距離wだけ前進することになる。したがって、彼は、その一秒のうちにレールに対しては合わせて

W=v+w

の距離をカバーする。のちにわれわれは、古典力学による速度の加法定理からでた、この判断が支持されないこと、したがって、たったいま、ここに書きとめた法則が、真理を射とめていないことを知るであろう(訳注;速度の加法定理---フィゾーの実験)。だが、しばらくは、それを正しいものとしておこう。(特殊および一般相対性理論について アルバート・アインシュタイン KM訳 1916年より)

[前ページへ][ホームへ][目次へ][次ページへ]